リスク分析の診断の範囲

Operations Dashboard には、環境に悪影響を与えた可能性のあるすべてのユーザ、デバイス、およびクラウドアプリが表示されます。

セクション

説明

ユーザ

最もリスクの高いユーザに関する情報を表示します。

注:

ユーザのリスクスコアは、脅威の検出イベント、アカウント侵害の危険性、異常なアクティビティ、アカウントのセキュリティ設定など、ユーザの属性とアクティビティに基づいて計算されます。スコアが高いユーザほどリスクが高くなります。

ユーザプロファイルの診断にアクセスするには、任意のユーザ名をクリックします。

デバイス

最もリスクの高いエンドポイントに関する情報を表示します。

注:

デバイスのリスクスコアは、脅威の検出イベント、脆弱性、設定の誤り、異常なアクティビティ、セキュリティ設定など、デバイスの属性とアクティビティに基づいて計算されます。スコアが高いデバイスほどリスクが高くなります。

デバイスプロファイルの診断にアクセスするには、任意のデバイス名をクリックします。

アプリ

ネットワーク全体でユーザおよびデバイスがアクセスしたクラウドアプリに関する情報が表示され、 "Sanction" アプリを手動で検索したり、クラウドアプリを検索したりできます。

アプリ名をクリックすると、 クラウドアプリプロファイルの診断にアクセスできます。

注:

以前にクラウドアプリにアクセスしたことがない組織は、アクセスしたクラウドアプリの結果に表示されません。アプリを検索し、検索結果のトレンドマイクロのクラウドアプリレピュテーションの確認リンクをクリックして、アプリのランクの詳細を確認します。