Operations Dashboard

Operations Dashboard アプリを使用すると、ユーザやデバイスに関連するクラウドアクセスのアクティビティや脆弱性を迅速に評価し、ネットワークで検出されたリスクを軽減する方法を決定できます。

重要:

これは「プレリリース」機能であり、公式リリースとは見なされません。この機能を使用する前に、 プレリリースに関する免責事項 を確認してください。

注:

Operations Dashboard アプリは、過去30日間のデータに基づく統計を提供します。

次の表は、アプリで使用できるオプションの概要を示しています。

セクション

説明

[リスク要因]タブ

過去7日間の組織の リスク指標 の全体を表示し、リスクの高いイベントが検出されたために攻撃を受けている可能性があるユーザまたはデバイスを一覧表示します。

詳細については、「 リスク要因」を参照してください。

[クラウドのアクティビティ]タブ

ネットワーク全体のクラウドアプリの使用状況をすばやく把握するために使用できるウィジェットが表示されます。

詳細については、「 クラウドアクティビティ」を参照してください。

データソース

複数のソースから Operations Dashboard に送信されるデータを制御できるリスク分析のデータソース 画面を表示します。

Operations Dashboard アプリを使用すると、ユーザ、デバイス、またはクラウドアプリの使用が企業のネットワークにリスクをもたらすかどうかを評価できます。できるだけ多くのデータソースに接続して、ネットワークトラフィックに関する最も正確なリスク情報を取得してください。

詳細については、「 リスク分析用のデータソースの設定」を参照してください。

週次サマリ

レポートされた週の企業のリスク診断をまとめた、 リスク指標の毎週のメールを受信できます。

オプションのアイコン()をクリックし、週次サマリをクリックしてサブスクリプションを有効にします。

注:

Notifications 画面を使用して、 週次サマリ 受信者のリストを設定します。

詳細については、「 Notifications」を参照してください。