Workspace ONEとのUEM統合の設定

統合を設定して、 モバイルエージェント アプリとアプリ設定を管理対象のモバイルデバイスにすばやく配信します。

統合プロセスを開始する前に、次のことを確認してください。

  • VMware Workspace ONE UEM コンソール管理者 認証情報

  • Trend Micro Vision One コンソール管理者 認証情報

  1. Trend Micro Vision One コンソールで、Workspace ONE UEM統合の設定画面にアクセスします。
    • Inventory Management > Mobile Inventory に移動して、 Mobile Security ランディングページを表示します。

      MDMソリューションを使用しているを選択し、VMware Workspace ONE UEM(AirWatch)を選択して、次へをクリックします。

    • Administration > Third-Party Integrationに移動し、統合リストでVMware Workspace ONE UEM(AirWatch)をクリックします。

    設定画面が表示されます。

    注:

    [Workspace ONE UEM]の統合設定を編集するには、Administration > Third-Party Integrationの順に選択し、統合リストでVMware Workspace ONE UEM(AirWatch)をクリックします。

    統合設定を編集できるのは、マスター管理者またはオペレータの役割を持つ管理者のみです。

  2. 統合設定セクションで、次の処理を実行します。
    1. API認証を設定します。

      フィールド

      説明

      API URL

      統合されたWorkspace ONE UEMコンソールサーバのルートURL。

      URLを取得するには、Workspace ONE UEMコンソールを開き、グループ&設定 > すべての設定 > システム > アドバンス > サイトURLの順に選択します。

      APIキー

      Mobile Security とWorkspace ONE UEMの間の通信の認証に使用される一意の文字列。

      Workspace ONE UEMコンソールでAPIアクセスを有効にしたときに生成されたAPIキーをコピーして貼り付けます。

      アカウント

      Mobile Security とWorkspace ONE UEM間の通信の認証に使用するアカウント。

      統合の準備時にWorkspace ONE UEMコンソールで作成したアカウントを指定します。

      パスワード

      上記のアカウントのパスワード。

      統合の準備をするときは、Workspace ONE UEMコンソールで作成したアカウントのパスワードを使用します。

      (オプション)設定が完了したら、テスト接続をクリックして、 Mobile Security とWorkspace ONE UEMの間の接続を確認します。

    2. Workspace ONE UEMで管理するモバイルデバイスのプラットフォームを選択します。
      • iOS/iPadOS

      • Android

        重要:

        Androidデバイスを統合するには、まずVMware Workspace ONEをAndroid EMMプロバイダとして登録する必要があります。

        詳細については、「 Workspace ONEをAndroid EMMとして登録する」を参照してください。

  3. その他の設定セクションで、次の間隔でデータを同期ドロップダウンリストからデータ同期の頻度を選択します。

    次の間隔でデータを同期フィールドは、 Mobile Security がWorkspace ONE UEMからユーザ情報とデバイス情報を自動的に同期するまでの日数を示します。

  4. 保存をクリックします。

    Mobile Security は、 モバイルエージェント およびプラットフォーム固有のアプリ設定キーをWorkspace ONE UEMに追加します。アプリ設定キーの例を次に示します。

    • モバイルエージェントに割り当てられたトークン

    • ユーザの会社の地域

    • Mobile SecurityのAPIサーバアドレス

  5. (オプション)モバイルエージェントをデバイスに配信する画面で、デバイスに モバイルエージェント をインストールするグループを確認し、今すぐ配置をクリックします。
    注:

    この画面は、一部のモバイルアプリがWorkspace ONE UEMを使用してグループのモバイルデバイスに以前に割り当てられたことを Mobile Security が検出した場合にのみ表示されます。

    Mobile Security は、指定されたグループのデバイスへの モバイルエージェント のインストールを開始します。インストールが完了したら、エンドユーザは、アプリ設定の設定キーを使用してデバイスを Mobile Security に自動登録するためのエージェントを起動する必要があります。

    登録後、 Mobile Security はユーザに干渉することなく、ただちにセキュリティスキャンを実行します。