サービスゲートウェイのCLIコマンド

Service Gateway仮想アプライアンスの管理に使用できるCLIコマンドのリストです。

CLIにアクセスするには、VMware ESXiに直接(またはSSH経由で)接続し、Service Gateway仮想アプライアンスを開きます。 認証情報してCLIにログオンします。

注:

ハイパーターミナルを使用する場合は、キーボードの Scroll Lock キーを無効にしてください。

ネットワーク設定やサービスステータスなど、サービスゲートウェイの基本情報を表示するには、 show コマンドを実行します。たとえば、 show ipv4 address を使用してネットワークアドレスを確認します。使用可能なコマンドのリストを表示するには、「 show 」と入力して ? キーを押します。

実行可能なタスクのリストを表示して管理コマンドを有効にするには、 enable コマンドを実行します。管理コマンドを有効にすると、コマンドプロンプトが「>」から「#」に変わります。次の表は、Service Gateway仮想アプライアンスの管理に使用できる管理コマンドを示しています。

コマンド 構文 説明
configure dns ipv4 configure dns ipv4 <dns1> [dns2]

IPv4 DNSを設定する

<dns1>:プライマリDNSサーバのIPv4アドレス

[dns2]:セカンダリDNSサーバのIPv4アドレス

configure dns ipv6 configure dns ipv6 <dns1> [dns2]

IPv6 DNSを設定する

<dns1>:プライマリDNSサーバのIPv6アドレス

[dns2]:セカンダリDNSサーバのIPv4アドレス

configure dump configure dump

他のアプライアンスで設定を再作成するコマンドを一覧表示します。

configure endpoint configure endpoint <hostname>

エンドポイント名を設定する

<hostname>: エンドポイント名 またはFQDN

configure ipv4 cni configure ipv4 cni <ip> <mask> <gateway> <cni> [vlan]

静的IP設定を使用するように初期設定のイーサネットインタフェースを設定し、内部ネットワークアドレスプールを設定します。

<cni>:内部ネットワークアドレスプール(IPアドレスの末尾は.0.0)

[vlan]:VLAN ID(1-4094)

configure ipv4 static configure ipv4 static <ip> <mask> <gateway> [vlan]

静的IPv4設定を使用するように初期設定のイーサネットインタフェースを設定する

[vlan]:VLAN ID(1〜4094)

configure ipv6 static configure ipv6 static <v6ip> <v6mask> <v6gate> [vlan]

静的IPv6設定を使用するように初期設定のイーサネットインタフェースを設定する

[vlan]:VLAN ID(1〜4094)

configure ntp configure ntp <ip or FQDN>

NTPサーバを設定する

configure password configure password

アカウントのパスワードを設定します。

configure proxy set configure proxy set <proxy type> <proxy information>

Service Gateway仮想アプライアンスのプロキシサーバを設定する

<proxy type>httpを現在サポートしています。

<proxy information>username:password@IP:portとしての資格情報

configure proxy delete configure proxy delete

プロキシ設定の削除

configure verify aws configure verify aws

AWSサーバ設定の確認

configure verify dns configure verify dns <domain>

DNSサーバの設定を確認する

<domain>:DNSサーバの検証に使用するドメイン(初期設定:www.google.com)

configure verify ntp configure verify ntp

NTPサーバの設定を確認する

configure verify dbg configure verify dbg [cmd] [param] [subparam]

configureverifyのデバッグコマンド

[cmd]:デバッグコマンド[]

[param] :デバッグパラメータ[]

[subparam]:サブパラメータのデバッグ[]

注:

通常、このコマンドはサポートプロバイダのみが使用します。

connect connect

Trend Micro Vision Oneへの接続テスト

exit exit

CLIを終了します。

help help

CLI構文を表示します。

history history [limit]

セッションのコマンド履歴を表示します。

[limit]:表示するCLIコマンドの数

log log collect <upload> <local>

トラブルシューティングのためにService Gatewayのデバッグデータを収集する

<upload>:Service Gatewayデバッグデータを Trend Micro Vision Oneにアップロードします。

<local>:Service Gatewayのデバッグデータをローカルに保存します。

ping ping <address>

特定のアドレスへの接続を確認する

reboot reboot [time]

指定した遅延後、またはただちにサービスゲートウェイを再起動します。

[time]:分単位の遅延

register register <regiatration_token>

Trend Micro Vision Oneへのサービスゲートウェイの登録

shutdown shutdown [time]

指定した遅延後、またはただちにService Gatewayをシャットダウンする

[time]:分単位の遅延

unregister unregister

Trend Micro Vision OneからService Gatewayの登録を解除します。