Service Gateway Virtual Applianceで使用されるポートとURL

これらの設定を使用して、ファイアウォールと接続製品を設定します。

Service Gateway が接続済みの製品やサードパーティ製アプリケーションにサービスを提供できるようにするには、次のポートとURLを使用して製品を設定します。

待機ポート 目的

80

機械学習型検索、ファイルレピュテーションサービス、または Third-Party Integration クエリ

443

機械学習型検索、ファイルレピュテーションサービス、または Third-Party Integration クエリ

5274

WebレピュテーションサービスまたはWeb検査サービスのクエリ

5275

WebレピュテーションサービスまたはWeb検査サービスのクエリ

8080

転送プロキシサービスの接続待機ポート

ファイアウォールの要件は、Trend Micro Vision Oneの環境によって異なります。次のトピックを参照して、正しい「許可」ルールを設定してください。