XDR for Endpointsの使用開始

エージェントをすべてのエンドポイントにインストールし、 トレンドマイクロ を使用して最も危険度の高いエンドポイントを確認できるようにします。

エージェントのインストーラは、高度な脅威診断テクノロジを使用して、最も危険度の高いエンドポイントを特定します。エンドポイントのレポートが開始されると、 XDRを有効にする必要がある推奨エンドポイントのリストが表示されます。

  1. Inventory Management > Endpoint Inventoryに移動します。
    注:

    エンドポイントでXDRを有効にすると、紹介画面は表示されなくなり、Endpoint Inventory画面に直接アクセスできるようになります。

  2. エージェントをすべてのエンドポイントにインストールします。
    1. 手順1。最もリスクの高いエンドポイントの特定を探し、エージェントをインストールするOSを選択します。
    2. エージェントインストーラをローカルにダウンロードしてエンドポイントに配布するか、URLリンクをコピーしてWebブラウザを使用してパッケージをインストールします。

      OS

      詳細

      Windows

      外部ネットワークへの接続にプロキシサーバを必要とするWindowsエンドポイントの場合は、管理者としてコマンドラインエディタを開き、次のコマンドを実行します。

      EndpointBasecamp.exe /proxy_server_port <proxy_server_ip_or_fqdn:port>

      次に例を示します。

      EndpointBasecamp.exe /proxy_server_port 10.1.1.1:80

      Linux

      Linuxエンドポイントへのエージェントインストーラの配信を参照してください。

      macOS

      Macエンドポイントへのエージェントインストーラの配信を参照してください。

    重要:
    • エージェントインストーラは、 Trend Micro Vision One コンソールにレポートするように特別に設定されています。

    • Endpoint BasecampはHTTPプロキシのみをサポートし、プロキシ 認証情報の使用はサポートしません。

  3. エージェントのインストール後、エンドポイントが診断を実行して Trend Micro Vision Oneにレポートするまでしばらく待ちます。
    注:

    エンドポイントが Trend Micro Vision Oneへのレポートを開始してから、推奨リストが生成されるまでに約10分かかります。Trend Micro Vision One から通知メールが送信され、リストの準備ができると通知アラートが生成されます。

  4. Inventory Management > Endpoint Inventoryに移動します。

    推奨エンドポイントでXDRを有効にする画面が表示されます。

  5. 推奨されるエンドポイントでXDRを有効にする場合は、今すぐXDRを有効にするをクリックします。それ以外の場合は、現在ではありませんをクリックして、 Trend Micro Vision Oneに報告されたすべてのエンドポイントから選択します。

    Endpoint Inventory画面が表示されます。

    登録後のエンドポイントの管理の詳細については、「 Endpoint Inventory 1.0でのエンドポイントリストの管理」を参照してください。