仮想デスクトップへのエージェントインストーラの配信

永続的な仮想デスクトップと非永続的な仮想デスクトップをVDI環境に配置します。

要件

  • エージェントのグループ化とポリシーベースの設定管理を有効にするには、エンドポイントグループの初期設定を完了するか、サポート担当者にお問い合わせください。

  • 仮想デスクトップのサポートには、VMwareまたはMicrosoftのハイパーバイザ環境が必要です。

機能のサポート

永続的

非永続的

エージェントのアップグレード(一括)

サポート

サポートされていません

エージェントのアップグレード(テンプレート)

サポート

サポート

重要:

ImageSetupTool.exeを実行する前のテンプレートのスナップショットを使用する必要があります。

脆弱性の検出

サポート

サポートされていません

Zero Trust Secure Access

プロビジョニングされたデスクトップでサポート

プロビジョニングされたデスクトップでサポート

重要:

イメージセットアップツールは、ベースイメージテンプレートでの Zero Trust Secure Access の有効化をサポートしていません。仮想デスクトップで Zero Trust Secure Access を有効にするには、新しくプロビジョニングされたコンピュータがコンソールのインベントリリストに表示されたら配置します。

  1. OS、VM設定、およびソフトウェアを含む仮想デスクトップテンプレートを設定します。
  2. エンドポイント保護ソフトウェアを含む、VDI環境のすべてのソフトウェアを設定します。
    重要:

    Apex Oneユーザは、エクスポートする前にテンプレート生成ツールを実行してください。

  3. Endpoint Inventory アプリに移動し、エージェントインストーラタブをクリックして、仮想デスクトップにエージェントプログラムをダウンロードしてインストールします。
  4. (オプション)構成して非永続エージェントを削除しますエンドポイントリストでの非アクティブなエージェントの削除
  5. 仮想デスクトップが Endpoint Inventory アプリの エンドポイントリスト タブに表示されていることを確認し、正しい機能が有効になっていることを確認します。
  6. (オプション)仮想デスクトップのスナップショットを作成して、将来のエージェントのアップグレードを容易にします。 詳細については、「 仮想デスクトップ上のエージェントのアップデート」を参照してください。
  7. Trend Micro Vision OneからImageSetupTool.exeをダウンロードし、Endpoint Inventoryアプリのエージェントインストーラのタブから管理トークンをコピーします。
    注:

    イメージセットアップツールは組織に固有です。

  8. 仮想デスクトップで ImageSetupTool.exe を管理者として実行し、エージェントをVDI環境で実行する準備をします。
    重要:

    仮想マシンが永続的か非永続的かを指定します。

    コマンド

    使用例

    サポートされる機能

    ImageSetupTool.exe --persistent

    永続的な仮想デスクトップ

    • 標準エージェントの自動削除
    • 脆弱性の検出が利用可能
    • 一括アップグレード

    ImageSetupTool.exe --non-persistent

    非永続的な仮想デスクトップ

    • Endpoint Inventoryから利用可能な非永続的なエージェントの自動削除
    • 脆弱性検出を無効にしました
    • 一括アップグレードが無効になっています
  9. プロンプトが表示されたら、 Endpoint Inventory アプリからコピーした管理トークンを貼り付けます。
  10. イメージのセットアップが完了したら、仮想デスクトップからイメージセットアップツールを削除します。
  11. 仮想デスクトップテンプレートをエクスポートします。

    エンドポイントグループが仮想デスクトップに対応するように設定されていることを確認します。エンドポイントのグループ化の詳細については、「 グループの管理」を参照してください。

  12. 仮想デスクトップにサインインすると、新しく準備したエンドポイントが Endpoint Inventory アプリのエンドポイントリストに表示されます。