Endpoint Inventory 2.0

有効な機能を確認し、エンドポイントグループを管理し、エージェントを配信します。

Endpoint Inventory アプリでは、エンドポイントで有効になっている機能を確認したり、エンドポイントグループを作成および管理したりできます。

重要:

Apex Oneオンプレミスユーザの場合、 Apex One Patchがインストールされたエンドポイントのみが Trend Micro Vision Oneにレポートできます。Apex One Patchをセキュリティエージェントにインストールした後、オンラインのエンドポイントがレポートを返すまでに約10分かかります。

タブ

説明

エンドポイントリスト

環境内のすべてのエンドポイントのリストを表示します。

エンドポイントリストの詳細については、 Endpoint Inventory 2.0でのエンドポイントリストの管理を参照してください。

エンドポイントグループ

エンドポイントのレポートが開始されたら、エンドポイントをグループに割り当ててセキュリティポリシーを管理できます。

エンドポイントグループの詳細については、「 Endpoint Inventory 2.0の使用開始」を参照してください。

エージェントインストーラ

できるだけ多くのエンドポイントにエージェントインストーラをダウンロードして、可視性を最大化します。

エージェントインストーラの配信の詳細については、 エージェントインストーラの配信を参照してください。