検索処理

コンテキストメニューには、調査中に、さらに調査する必要のあるオブジェクトやデータが見つかった場合にアクセスできる追加の検索オプションがあります。

次の表は、環境内で検出された特定のイベントまたはオブジェクトに対して使用できる検索処理を示しています。

操作

説明

新しい検索:一致するフィールドと値

Trend Micro Vision One の別のインスタンスを開き、選択した値を検索条件として追加して新しい検索クエリを作成します。

追加:フィールドIS値

選択した値を検索条件として既存の検索クエリに追加します。

追加:フィールドが値ではありません

選択した値を除外として既存の検索クエリに追加します。

Google

新しいブラウザタブを開き、選択した値をGoogleで検索します。

<オブジェクトを検索>

Searchアプリ を開き、選択した値を検索条件として追加して新しい検索クエリを作成します。

ユーザアカウントを無効化

ユーザアカウントのすべてのアクティブなアプリケーションおよびブラウザセッションからユーザをログアウトします。プロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。ユーザは新しいセッションにサインインできません。

ユーザアカウントを有効化

ユーザが新しいアプリケーションおよびブラウザセッションにサインインできるようにします。プロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。

強制サインアウト

ユーザアカウントのすべてのアクティブなアプリケーションおよびブラウザセッションからユーザをログアウトします。プロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。閉じたセッションにすぐに再度ログオンしたり、新しいセッションにログオンしたりすることはできます。

パスワードの強制リセット

アクティブなすべてのアプリケーションおよびブラウザセッションからユーザをサインアウトし、次回の サインイン の試行時にユーザに新しいパスワードの作成を強制します。プロセスが完了するまでに数分かかる場合があります。

詳細については、「 パスワードの強制リセットタスク」を参照してください。