Searchアプリ

強力なクエリ文字列を作成して、環境内の調査対象のデータまたはオブジェクトを特定します。

Searchアプリ には、検索結果を特定、分類、および取得するためのさまざまな検索方法、フィルタ、およびKibanaに似たクエリ言語が用意されています。クエリ条件を保存し、ウォッチリストを作成して、新しいデータが見つかった場合のメール受信者を設定することで、検索プロセスを自動化できます。

詳細については、「 保存済みクエリおよびウォッチリスト」を参照してください。

次の表に、Searchアプリで使用可能な処理を示します。

操作

説明

検索を実行する

検索方法を選択して条件を指定し、検索をクリックしてクエリを開始します。

  • 一般:正規化された検索条件を使用して、接続されている製品のすべてのデータを検索できます。

    注:

    すべての製品が同じデータベースフィールドを共有しているわけではないため、必要なデータを正確に見つけるために、いくつかの異なる条件オプションを試す必要がある場合があります。

  • 詳細:検索するデータの正確なソースを選択できます。

    注:

    自動的に入力される検索フィールドの条件は、選択したデータソースのデータベースフィールドを直接表します。

検索履歴を表示

履歴を表示をクリックすると、検索履歴パネルが開き、以前の検索のリストが表示されます。

検索アイコン()をクリックすると、以前の検索から条件をロードして新しい検索を実行できます。

注:

ブラウザのキャッシュをクリアするまで、ブラウザでは検索履歴データがローカルに保存されます。今後のクエリで使用する検索条件を保存することをお勧めします。

検索クエリを保存

検索を実行したら、クエリを保存の順にクリックし、名前を入力して、オプションでクエリを[公開]に設定し、保存をクリックして現在の検索クエリを保存します。

注:

クエリを保存すると検索条件のみが保存され、検索結果は保存されません。保存済みクエリを使用して、同じ条件に関連する新しいデータを検索します。

保存済み検索クエリの表示

保存済みクエリをクリックして、保存済みクエリパネルを開きます。このパネルには、保存された検索クエリのリストが表示されます。

  • 公開トグルをオンにして、誰でもクエリを使用できるようにします。

  • 検索アイコン()をクリックすると、関連する検索条件が表示されます。

検索結果の表示

検索結果領域では、データグループに基づいて検索データのフォーカスを変更できます。

注:

Searchアプリ では、初期設定で結果表に[ ログ記録 ]列のみが表示されます。初期設定の列表示を変更するには、「 初期設定の列ビューの変更」を参照してください。