対応データ

Trend Micro Vision One は、エンドポイント、メールメッセージ、およびネットワークイベントに対して実行された処理を追跡し、フィードバックを提供します。

イベントまたはオブジェクトに対して 対応 をトリガすると、 Response Management テーブルで 対応 タスクのステータスとコマンドの詳細を確認できます。

データ

説明

タスクID

配布管理システムに送信されたコマンドの現在のステータスと、タスクに割り当てられた一意のIDを示します。

複数の対象に対して 対応 をトリガした場合、 Response Management アプリには、グループの最も失敗したタスクのステータスが表示されます。数字をクリックすると、グループ内の各対象のタスクステータスが表示されます。

考えられるタスクのステータスは次のとおりです。

  • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、 対応を待機しています。

  • 待機中):セキュリティエージェントがオフラインのため、管理サーバがコマンドをキューに入れました。

  • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

  • 失敗):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときにエラーまたはタイムアウトが発生したか、セキュリティエージェントが24時間を超えてオフラインになっているか、またはコマンドの実行がタイムアウトになりました。

重要:

タスクのステータス は、管理サーバがコマンドを正常に受信して実行できたかどうかを示します。コマンドの対象がセキュリティエージェントの場合、 タスクのステータス は、対象のセキュリティエージェントまたはオブジェクトがコマンドを正常に実行したかどうかを示すとは限りません。

タスク状況が 待機中)または失敗 )の場合は、 コマンドの再送信)アイコンをクリックすると、同じコマンドを管理サーバにただちに送信できます。

操作

対象に送信されたコマンド

詳細については、「 対応処理」を参照してください。

対象

コマンドが処理を実行する対象

対象の種類によって、使用可能な処理が決まります。たとえば、「終了」処理はプロセスには使用できますが、メールメッセージには使用できません。

作成元

ユーザが 対応をトリガした Trend Micro Vision One コンソール上の場所

作成者

対応をトリガしたユーザ

説明

対応 またはイベントのユーザ定義の説明

作成

ユーザが 対応をトリガした日時。

最終更新

Trend Micro Vision One コンソールがタスクに関するデータを最後に受信した日時。

[追加処理]

実行された処理に応じて、行の最後にあるオプションボタン()をクリックして追加の処理を実行できます。

詳細については、「 対応処理」を参照してください。