ブロックリストタスクから削除

ブロックされたオブジェクトまたは送信者がリスクではないと判断したら、Response Managementアプリを使用して、該当するブロックリストからオブジェクトを削除できます。

  1. Response Managementアプリで、ブロックされたオブジェクトを探し、行の右側にあるオプションボタン()をクリックします。
  2. ブロックリストから削除をクリックします。

    ブロックリストのタスクから削除画面が表示されます。

  3. 対応の対象を確認します。
  4. (オプション) 対応 またはイベントの 説明 を指定します。
  5. 作成をクリックします。

    Trend Micro Vision One はタスクを作成し、現在のコマンドステータスをResponse Managementアプリに表示します。

  6. タスクのステータスを監視します。
    1. Response Management アプリを開きます。
    2. (オプション)検索フィールドを使用するか、処理ドロップダウンリストからブロックリストから削除を選択してタスクを探します。
    3. タスクのステータスを表示します。
      • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、 対応を待機しています。

      • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

      • 失敗):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときにエラーまたはタイムアウトが発生したか、セキュリティエージェントが24時間を超えてオフラインになっているか、またはコマンドの実行がタイムアウトになりました。

      重要:

      タスクステータス は、管理下のサーバがコマンドを正常に受信できたかどうかを示しますが、必ずしも対象サーバがユーザ定義の不審オブジェクトリストをすべての関連製品と同期したことを意味するわけではありません。