メールメッセージの隔離タスク

不審なメールメッセージを特定したら、 Trend Micro Vision One コンソールのコンテキストメニューを使用して、 Cloud App Securityで保護されているサポート対象のすべてのメールボックスからメッセージを隔離できます。

重要:

このタスクは、 Cloud App Securityで保護されているサポート対象のメールボックスにのみ適用できます。

  1. 不審メールメッセージを特定したら、コンテキストメニューまたは 対応 メニューにアクセスし、メッセージの隔離をクリックします。

    メッセージの隔離タスク画面が表示されます。

  2. 対応の対象を確認します。
  3. このタスクを適用するメールボックスを選択します。
    重要:

    このタスクは、 Cloud App Securityで保護されているサポート対象のメールボックスにのみ適用できます。

    Cloud App Securityで保護されているサポート対象のメールボックスに対象のメッセージが見つからない場合や、ユーザがメッセージのすべてのインスタンスをすでに削除している場合は、タスクを作成できません。

  4. (オプション) 対応 またはイベントの 説明 を指定します。
  5. 作成をクリックします。

    Trend Micro Vision One はタスクを作成し、現在のコマンドステータスをResponse Managementアプリに表示します。

  6. タスクのステータスを監視します。
    1. Response Management アプリを開きます。
    2. (オプション)検索フィールドを使用するか、処理ドロップダウンリストからメッセージの隔離を選択してタスクを探します。
    3. タスクのステータスを表示します。
      • 承認待ち)(該当する場合):自動化された対応タスクが Workbench アプリで作成され、承認を待機しています

      • 拒否済み)(該当する場合):Workbenchアプリで作成された自動対応タスクが拒否されました

      • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、 対応を待機しています。

      • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

      • 失敗):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときにエラーまたはタイムアウトが発生したか、セキュリティエージェントが24時間を超えてオフラインになっているか、またはコマンドの実行がタイムアウトになりました。

    隔離されたメッセージが不正であると判断した場合は、 Trend Micro Vision One コンソールのコンテキストメニューを使用してメッセージを削除できます。

    隔離されたメッセージが不正ではないことを確認したら、タスクのコンテキストメニューでメッセージの復元をクリックしてメッセージを復元できます。

    詳細については、「 メールメッセージの削除タスク」を参照してください。