パスワードの強制リセットタスク

感染した可能性のあるユーザアカウントを特定したら、 Trend Micro Vision One コンソールのコンテキストメニューを使用してタスクを開始し、ユーザに新しいパスワードを作成させることができます。

重要:

この処理を実行するには、Microsoft Azure ADの Trend Micro Vision One アプリケーションにパスワード管理者の役割を割り当てる必要があります。

詳細については、「 パスワード管理者の役割の割り当て」を参照してください。

  1. 侵害された可能性のあるユーザアカウントを特定したら、コンテキストメニューまたは 対応 メニューにアクセスし、パスワードの強制リセットをクリックします。

    パスワードの強制リセットタスク 画面が表示されます。

  2. (オプション)タスクの説明を指定します。
  3. 作成をクリックします。
  4. タスクのステータスを監視します。
    1. Response Management アプリを開きます。
    2. (オプション)検索フィールドを使用するか、処理ドロップダウンリストからパスワードの強制リセットを選択してタスクを探します。
    3. タスクのステータスを表示します。
      • 処理中...): Trend Micro Vision One が管理下のサーバにコマンドを送信し、 対応を待機しています。

      • 成功):管理下のサーバがコマンドを正常に受信しました。

      • 失敗):管理サーバにコマンドを送信しようとしたときにエラーまたはタイムアウトが発生したか、セキュリティエージェントが24時間を超えてオフラインになっているか、またはコマンドの実行がタイムアウトになりました。