macOSエンドポイントへの診断ツールの配信

診断ツールを導入して、macOSエンドポイントで不審なファイルアクティビティやグローバルインテリジェンスソースからのファイルベースの脅威インジケータを検索します。

本ツールが対応しているmacOSは10.11以降です。

ツールが Trend Micro Vision Oneにデータをアップロードできるように、エンドポイントをインターネットに接続する必要があります。トレンドマイクロ では、次のURLとポートをセーフリストに追加することをお勧めします。

地域

URL

ポート

オーストラリア

https://mac-asmt-au1.mactrt.trendmicro.com

443

https://api-ap4.xbc.trendmicro.com

443

ヨーロッパ

https://mac-asmt-eu1.mactrt.trendmicro.com

443

https://api-eu1.xbc.trendmicro.com

443

インド

https://mac-asmt-in1.mactrt.trendmicro.com

443

https://api-ap5.xbc.trendmicro.com

443

日本

https://mac-asmt-jp1.mactrt.trendmicro.com

443

https://api-ap2.xbc.trendmicro.com

443

シンガポール

https://mac-asmt-sg1.mactrt.trendmicro.com

443

https://api-ap3.xbc.trendmicro.com

443

米国

https://mac-asmt.mactrt.trendmicro.com

443

https://api-us1.xbc.trendmicro.com

443

診断レポートは未知の脅威を特定し、組織が最新の脅威キャンペーンの影響を受けているかどうかを判断するのに役立ちます。

  1. リスクのあるエンドポイントの診断領域で、診断の開始をクリックします。
  2. 診断ツールのダウンロードをクリックします。表示されるダイアログで、macOS診断ツールのダウンロードをクリックします。
    注:

    診断ツールは、ユーザアクティビティ、クラウドアプリへのアクセス、および脆弱性データを継続的に収集して、高度なリスクの可視性を提供します。

    エンドポイントからツールをアンインストールするには、サポートプロバイダに問い合わせてください。

  3. ダウンロードしたファイル(endpoint_basecamp_mac.zip)を見つけてダブルクリックします。

    ウィンドウが開きます。

  4. endpoint_basecamp.pkgをダブルクリックします。

    Endpoint Basecampをインストールする画面が開きます。

  5. インストールウィザードの手順を完了します。
  6. 閉じるをクリックします。

    ツールがバックグラウンドで実行され、データが Trend Micro Vision Oneに自動的にアップロードされます。