セキュリティ機能とXDRセンサー

セキュリティ機能と XDR Sensor を確認して、攻撃の兆候を検出するための範囲と可視性を提供します。

セキュリティ機能 および XDR Sensors のセクションでは、環境内の機能範囲の概要について説明します。

重要:

Targeted Attack Detection では、Smart Protection Networkデータの分析を開始するために、管理サーバでスマートフィードバックを有効にする必要があります。

スマートフィードバック および XDR Sensor を有効にすると、攻撃の可視性が向上します。 機械学習にすると、セキュリティ機能が されます。

Targeted Attack Detection では、カバレッジが割合で表示されます。セキュリティ機能の場合、この機能が有効になっている環境内の管理サーバの割合です。 XDR Sensorの場合、アプリは、有効になっているセンサーの数と、製品ライセンスまたは利用可能な Creditsに応じて有効にできるセンサーの数に応じて割合を計算します。カバレッジを拡大すると、ネットワーク全体のデータが増え、環境のより正確な分析と監視が可能になります。

セキュリティ機能をクリックして、管理サーバのリストを表示し、機能を管理します。 XDR Sensor をクリックして、 インベントリ アプリに移動し、センサーを管理します。

機能

説明

スマートフィードバック

脅威情報をSmart Protection Networkと共有し、 トレンドマイクロ が新しい脅威を迅速に特定して対処できるようにします。

機械学習型検索

高度なファイル機能分析とヒューリスティックプロセス監視により、これまで識別されていなかった未知の脅威からネットワークを保護します。

挙動監視

OSまたはインストール済みソフトウェアに対する異常な変更がないかエンドポイントを継続的に監視します。

Endpoint Sensor

監視対象のエンドポイントおよびサーバで不正または異常なアクティビティを検出します。

詳細については、「 Endpoint Inventory」を参照してください。

Network Sensor

XDRおよび高度な脅威分析を有効にする

詳細については、「 Network Inventory」を参照してください。

Email Sensor

監視対象のメールボックスで不正または異常なメールアクティビティを検出します。

詳細については、「 Email Account Inventory」を参照してください。