事前定義された役割

事前定義された役割 を表示して、チームメンバーのユーザアカウントをすばやく設定できます。

事前定義済みの役割 は、セキュリティチームのメンバーが組織内で通常実行するタスクと役割に基づいて、事前に設定されたアクセス権限を提供します。アクセス許可の詳細なリストを表示するには、 ロール名をクリックします。事前定義された役割を複製するには、役割を選択し、複製ボタンをクリックします。

次の表は、 User Roles画面で使用可能な 定義済みロールの概要を示しています。

役割

説明

マスター管理者

アカウントや役割の管理など、すべての Trend Micro Vision One アプリと管理機能にアクセスできます。

演算子

システムの設定と製品の接続が可能

上級アナリスト

調査および高度な脅威ハンティング中にライブ対応を実行できます。

アナリスト

セキュリティイベントの調査と優先順位付けが可能

監査人

監査ログとセキュリティ状態アプリを表示できます