Support Settings

サポート担当者との連携に使用する設定を切り替えます。

   

リモートサポート

トレンドマイクロ サポートエンジニアが、トラブルシューティングやデバッグログの収集のために Trend Micro Vision One コンソールにアクセスできます。

リモートサポートを有効にするには、チェックボックスをオンにして、 トレンドマイクロ サポートエンジニアがライセンス済み/有効なアプリへの読み取り専用アクセスを Trend Micro Vision One コンソールで許可する必要があります。

ハイパーセンシティブモード

エンドポイントセキュリティポリシーで追加の検出およびエンドポイントアクティビティデータを収集するオプションを切り替えます。

ネットワークリソースを節約するため、この機能は7日後に自動的に無効になります。Support Settingsで無効にすると、エンドポイントセキュリティポリシーでもハイパーセンシティブモードが無効になります。

注:

この機能を有効にすると、エンドポイントで誤検出や帯域幅の使用率が増加する可能性があります。この機能は、進行中の攻撃に対する対応で大量のデータを収集するように設計されており、日常的に使用することはお勧めしません。