Cloud One - Workload Security

エンドポイントから必要なアクティビティデータの受信を開始するには、まずCloud One - Workload Securityを登録し、特定の製品を設定する必要があります。

重要:

Trend Micro Vision OneでCloud One - Workload Securityを登録しようとして問題が発生した場合は、正しいライセンスが準備されていることを確認してください。詳細については、サポートプロバイダに問い合わせてください。

  1. Trend Micro Vision One コンソールから登録トークンをコピーします。
    1. Trend Micro Vision One コンソールで、 Administration > Product Connectorに移動します。
    2. 接続をクリックします。
    3. Cloud One Workload Securityを選択します。
    4. クリックして登録トークンを生成します 。リンクをクリックします。
    5. 登録トークンをコピーします。
  2. 登録トークンをCloud One - Workload Securityに貼り付けます。
    1. Cloud One - Workload Securityコンソールで、管理 > システム設定 > Trend Micro XDRに移動します。
    2. 登録で、登録登録トークンをクリックします。
    3. 表示されるダイアログで登録トークンを貼り付け、登録をクリックします。

      登録に成功すると、 Cloud One - Workload Securityで自動的にアクティビティログをTrend Micro XDRに転送するが有効になり、登録ステータス"Registered"に変更されます。

  3. Deep Security Agentでアクティビティ監視を有効にします。
    1. ポリシーに移動し、ポリシーを選択して詳細をクリックします。
    2. アクティビティ監視 > 一般に移動します。
    3. アクティビティ監視状態オンに設定します。
    4. 保存をクリックします。