Webhook通知の設定

指定したチャネルに通知を送信するようにWebhookリストを設定します。

通知ごとに独自のWebhookリストを設定できます。

注:

Microsoft TeamsとSlackのWebhookは、自動的に書式設定された通知を受け取ります。

他のすべてのWebhookでは、通知本文の形式を指定する必要があります。

  1. Administration > Notificationsに移動します。
  2. 通知の種類をクリックして設定パネルを開きます。
  3. Response Managementには、タスクステータスおよび対応処理を指定します。

    1つ以上のタスクステータスまたは 対応処理を指定できます。Trend Micro Vision One は、いずれかの 対応処理 がいずれかの状態に変化するたびに、指定された頻度でアラート通知を生成します。

    対応処理の詳細については、 対応処理を参照してください。

  4. 該当する場合は、 頻度 を選択して、通知を受信する頻度を制御します。
    注:

    頻度 設定を変更すると、メール通知とWebhook通知の両方に影響します。

  5. Webhookタブで、次の操作を実行します。
    • 管理対象のWebhookリストから1つ以上のWebhookを選択します。

    • Workbenchアラートの場合は、アラートの重要度に基づいて通知を設定します。

      1. アラートの重大度に基づいてWebhook通知を送信するに基づいてWebhook通知を送信するを選択します。

      2. グループを作成をクリックします。

      3. Webhookグループを設定します。

        注:

        Webhookがリストにない場合は、 Webhookリストを使用して新しいWebhook接続を作成できます。

        詳細については、「 Webhookの管理」を参照してください。

      4. 保存をクリックします。

  6. (オプション)必要に応じて、追加の設定を行います。
    • 拡張された影響範囲の詳細:詳細な範囲情報を通知に含めます。

    • 拡張された対応タスクの詳細:詳細なアラート情報を通知に含めます。

    重要:

    詳細情報には、環境に関する機密情報が含まれます。適切な権限を持つユーザのみが受信者リストに含まれるようにします。

  7. 保存をクリックします。