メール通知の設定

指定した受信者に通知を送信するようにメーリングリストを設定します。

適切な受信者が常に最新の通知を受信するように、メール受信者のリストを設定します。通知ごとに独自の受信者リストを設定できます。

  1. Administration > Notificationsに移動します。
  2. 通知の種類をクリックして設定パネルを開きます。
  3. Response Managementには、タスクステータスおよび対応処理を指定します。

    1つ以上のタスクステータスまたは 対応処理を指定できます。Trend Micro Vision One は、いずれかの 対応処理 がいずれかの状態に変化するたびに、指定された頻度でアラート通知を生成します。

    対応処理の詳細については、 対応処理を参照してください。

  4. 該当する場合は、 頻度 を選択して、通知を受信する頻度を制御します。
    注:

    頻度 設定を変更すると、メール通知とWebhook通知の両方に影響します。

  5. メールタブで、次の手順を実行します。
    1. 通知の受信者を指定するには、メールアドレスを入力するか、 Trend Micro Vision One アカウントのリストから選択します。
      注:

      最近作成した Trend Micro Vision One アカウントは、リストに表示されるまでに時間がかかることがあります。

    2. テストメッセージを送信ボタンをクリックして、テスト通知を送信します。
      注:
      • 新しい受信者のみがテスト通知を受信できるようにするには、 新しく追加された受信者にのみ送信するを有効にします。新しい受信者を追加しなかった場合、テストメッセージは送信されません。

      • テストメッセージの再送信には数分かかります。

    3. (オプション) Workbenchアラートの場合は、アラートの重要度に基づいて通知を設定します。
      1. 有効アラートの重大度に基づいて受信者に通知する

      2. グループを作成をクリックします。

      3. 受信者グループを設定します。

        重要:

        グループを作成するには、受信者リストに少なくとも1人の受信者が必要です。

      4. 保存をクリックします。

  6. (オプション)必要に応じて、追加の設定を行います。
    • 拡張された影響範囲の詳細:詳細な範囲情報を通知に含めます。

    • 拡張された対応タスクの詳細:詳細なアラート情報を通知に含めます。

    重要:

    詳細情報には、環境に関する機密情報が含まれます。適切な権限を持つユーザのみが受信者リストに含まれるようにします。

  7. 保存をクリックします。