監査ログについて

[監査ログ] 画面では、Trend Micro Email Securityで発生した管理イベントやユーザイベントを追跡することができます。

Trend Micro Email Securityでは、監査ログ情報が最大30日間保持されます。

[監査ログ] 画面には次の検索基準があります。
  • アカウントおよび種類:検索する監査ログのアカウント名と種類です。

  • 期間:クエリの期間です。

監査ログのクエリを実行する場合は、各種条件フィールドを用いて検索を絞り込みます。クエリを実行すると、条件を満たすログのレコードのリストがTrend Micro Email Securityによって表示されます。レコードを1つ以上選択して [CSVにエクスポート] をクリックし、CSVファイルにエクスポートします。

イベントの詳細を表示するには、[日時] 列の下にある日時をクリックします。

[監査ログの詳細] 画面には次の情報が表示されます。
  • ユーザ: イベントが発生した管理者名またはユーザ名です。

  • イベントの種類: 発生したイベントの種類です。

  • 日時: イベントが発生した日時です。

  • 影響を受けるドメイン: 発生したイベントによって影響を受けたドメインです (存在する場合)。

  • フィールド:
    • フィールド: 発生したイベントによって影響を受けたフィールドの名前です。

    • 新しい値: イベント発生後のフィールドの最新値です。

    • 以前の値: イベントが発生する前のフィールドの値です (存在する場合)。