よくあるお問い合わせ (FAQ) とインストラクション

Trend Micro Email Securityの注意事項・トラブルシュート情報につきましては、こちらもあわせてご参照ください。

表 1. よくあるお問い合わせ (FAQ)
質問 回答

Trend Micro Email Securityとは何ですか。

Trend Micro Email Securityでは、ITスタッフによるメンテナンスを必要とせずに常に最新のメールセキュリティを提供し、スパムメールやウイルス、およびその他の不正プログラムがネットワークに侵入するのを防ぐことができます。

Trend Micro Email Securityは、組織の規模に関係なく効果を発揮するクラウド型サービスです。ハードウェア、ソフトウェア、およびメッセージングに関する専門知識を活用して、スパムメール、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、フィッシング (なりすまし犯罪) などの攻撃をメールメッセージから駆除します。駆除が実施されたクリーンなメールメッセージは、お客さまのMTAに直接送られ、最終的にエンドユーザに配信されます。またTrend Micro Email Securityでは、LDAPディレクトリを使用してバックスキャッタ (アウトスキャッタ) スパムメールおよびディレクトリハーベスト攻撃 (DHA) を防止することもできます。

Trend Micro Email Securityにはどのような利点がありますか。

Trend Micro Email Securityはクラウド型サービスであるため、攻撃がネットワークに到達する前に阻止することが可能です。スパムメール、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、およびその他の不正プログラムの阻止に加えて、Trend Micro Email Securityは次のような攻撃からネットワークを保護します。

  • インターネット接続をブロックしようとする (サービス拒否)

  • スパムメール送信用にメールアドレスを盗む (ディレクトリハーベスト攻撃)

アップグレードするにはどうすればいいですか。

Trend Micro Email Securityは、クラウド型サービスであるため、新たにハードウェアやソフトウェアを購入する必要はありません。このサービスは、セキュリティの専門家によって管理されるため、複雑なメールセキュリティシステムをインストール、管理、および微調整するITスタッフの負担が軽減されます。

メールメッセージの配信は遅くなりますか。

各メッセージの処理に要する時間はミリ秒の単位です。メッセージの配信遅延はごくわずかなため、エンドユーザがその遅れに気付くことはありません。

Trend Micro Email Securityは機密性がありますか。メールが第三者の目に触れる可能性はありますか。

すべてのメッセージは自動的かつ透過的に処理されます。受信前のメッセージについては、送信元のIP評価に基づいて適宜ブロックされ、また受信後のメッセージについても、複数層のスパムメールおよびウイルスフィルタシステムを通して処理されるため、人が介在することはありません。お客さまのMTAが使用不能にならない限り、メッセージが保存されることはありません。

Webコンソールへアクセスするために必要なものは何ですか。

このサービスを使用するために必要なものは、既存のインターネットゲートウェイまたはワークグループのメール接続と、オンラインレポートと管理者のコンソールにアクセスするためのWebブラウザだけです。

Trend Micro Licensing Management Platformを使用してコンソールにアクセスする場合、Webアドレスおよびアカウント情報が必要です。

Trend Micro Email Securityの使用を開始するにはどうすればいいですか。

Trend Micro Email Securityの使用を開始するには次の操作を実行してください。

  1. アカウントアクティベーション情報を送信する

  2. Trend Micro Email Securityの管理コンソールにログオンする

  3. トレンドマイクロのビジネスアカウントをプロビジョニングする

  4. 追加したドメインを設定し、必要に応じてさらにドメインを追加する

  5. ポリシーを適用するユーザディレクトリをインポートする

  6. セキュリティ設計に合わせてポリシーを設定する

詳細については、Trend Micro Email Securityの使用開始を参照してください。

Mail eXchange (MX) レコードをリダイレクトするにはどうすればいいですか。

MXレコードをリダイレクトする前に、Trend Micro Email Securityにドメインが追加されて設定されていることを確認してください。

MXレコードをリダイレクトするには

  1. Trend Micro Email SecurityサーバのMXレコード追加の詳細については、ドメインの設定の手順1を参照してください。

  2. 個別のMXレコードの情報が記載されているTrend Micro Email Securityの登録完了メールメッセージを確認します。

  3. 次のいずれかを実行します。

    • 手動で設定

      お客さまが独自にDNSを管理している場合は、MXレコードを手動で編集できます (お客さま自身で管理している小規模アカウントの場合)。

    • サポート技術者に依頼

      ドメインに対するMXレコードの設定方法が不明な場合は、ISPのヘルプデスクか、DNSの技術者にお問い合わせください。お客さまのドメインネームサービス (DNS) がサードパーティまたはインターネットサービスプロバイダ (ISP) によって管理されている場合は、サードパーティまたはISPにMXレコードのリダイレクトを依頼してください。サードパーティまたはISPがMXレコードをリダイレクトするためのWebインタフェースを用意している場合は、お客さま自身で変更することが可能な場合があります。システムに変更が反映されるまでには、最大で48時間かかります。

MXレコードの変更後は、Trend Micro Email Securityがお客さまのドメインに対するメッセージのエントリポイントになります。DNSレコードの変更が有効になると (最大48時間)、受信メールのすべてのトラフィックがTrend Micro Email Securityでルーティングされます。

ヒント:

変更が有効になった後に、Yahoo!メール、Gmailなどの別のメールサービスプロバイダからお客さまのドメインの受信者にメッセージを送信してメッセージのルーティングをテストしてください。そのメールサービスプロバイダからメッセージを受信すれば、MXレコードは正しく構成されています。

Trend Micro Email SecurityのMXレコードのホスト名はどこで確認できますか。

MXレコードは、お客さまのドメインに送信されるすべてのメールメッセージのルーティングを決定します。

トレンドマイクロから送信されるTrend Micro Email Securityの登録完了メールメッセージに、MXレコードのリダイレクト先に関する情報が記載されています。

サービスからのメールメッセージを受け取るにはどうすればいいですか。

サービスによって処理されたメールメッセージを受信できるようにするには、次のいずれかの方法に従ってください。

  • Trend Micro Email SecurityのIPアドレスからのトラフィックを受け入れるようにファイアウォールを設定します。

  • それらのIPアドレスからのトランザクションを受け入れるようにMTAを設定します。

メールアドレス数を制限してTrend Micro Email Securityを試すことはできますか。

はい。

ヒント:

トレンドマイクロでは、テストドメインを使用することをお勧めしています。テストドメインを使用することで、サービスを体験したり、さまざまなタイプのユーザに対してどのように機能するかをテストしたりできます。

Trend Micro Email Securityがメールメッセージを保存またはアーカイブすることはありますか。

Trend Micro Email Securityの初期設定では、メールメッセージの保存またはアーカイブは実行されません。すべてのメッセージが処理され、すぐにお客さまのMTAに転送されます。メッセージは、お客さまのMTAが使用不能にならない限り、スプールも保存もされません。ただし、スパムメールなどのメッセージを隔離するポリシーを作成すると、これらのメールメッセージは最大30日間トレンドマイクロのデータセンターに保存されます。

Trend Micro Email Securityは、不達メール継続管理を実装することで、メールサーバの停止中でもメールをほぼ支障なく利用できる代替のメールシステムとなります。この不達メール継続管理は初期設定で有効になっています。サーバが停止した場合、Trend Micro Email Securityには受信メールメッセージが10日間保持されます。10日以内にメールサーバがオンラインに戻れば、それらのメッセージはメールサーバに再送されます。

エンドユーザコンソールのパスワードを再設定または再送信するにはどうすればいいですか。

パスワードをなくしたり思い出せなくなったりした場合、ユーザはTrend Micro Email Securityエンドユーザコンソールのログオン画面にアクセスし、[パスワードをお忘れの場合] をクリックして、パスワードを再設定できます。

管理者がエンドユーザのパスワードを再設定する必要はありません。

MTAが使用不能になった場合、サービスはどうなりますか。

お客さまのMTAが何らかの原因で使用不能になった場合は、最大10日間またはサーバがオンラインに復帰するまで、メッセージストリームは自動的にキューに入れられます。

ハードウェアまたはソフトウェアの障害、停電、ネットワーク障害、または単純な人為的ミスが原因で貴重なメールメッセージが失われることはありません。

送信メールはどこに転送されますか。

初期設定では、お客さまの送信メールメッセージは、現在と同様に、直接お客さまのMTAで処理されて他のネットワークに転送されます。ただし、Trend Micro Email Security(製品版) では、送信メールトラフィックをTrend Micro Email Securityサービス経由でリダイレクトすることもできます。

送信フィルタの選択:

送信フィルタの使用を選択した場合、Trend Micro Email Securityをアクティベートする際にどのMTAに送信メッセージが送信されるかが通知されます。

送信フィルタを有効にする手順については、ドメインの設定を参照してください。

ライセンスの有効期限が切れるとどうなりますか。

ライセンスの有効期限が切れると、ただちに更新猶予期間が開始します。この期間内は、サービスを引き続き利用できます。ただし、この猶予期間の終了後は、受信メッセージに通知のスタンプが挿入されるとともに、管理コンソールにアクセスできなくなります。最終的に、お客さまのデータは完全に削除されます。メールサービスが中断するのを防ぐには、ライセンスの有効期限が過ぎる前に更新してください。

Trend Micro Email Securityでは、どのようにしてTransport Layer Security (TLS) プロトコルを実装しますか。

Trend Micro Email Securityは、便宜的なTransport Layer Security (TLS) モードに設定されています。このモードでは、送受信を行うMTAがTLSモードでのSMTPトランザクションの実行に対応しているどうかを、MTAサーバが最初に確認します。対応している場合、すべてのセッションとプロセスがTLSモードで実行されます。