送信ポリシールール

  1. [受信者] で、受信者アドレスを指定する方法として次のいずれかを選択します。
    • 任意のアドレス: ルールとして任意の受信者アドレスを適用する場合に選択します。

    • 所属する組織: 自分の組織に送信されるメールアドレスをルールとして適用する場合に選択します。

    • 指定する: 選択したアドレスを追加する方法として次のいずれかを選択します。

      • ドメイン: 使用可能なドメインからドメインを選択し、[追加] をクリックします。

      • 自分のアドレスグループ: 使用可能なアドレスグループからアドレスグループを選択し、[追加] をクリックします。

      • メールアドレスまたはドメインの入力: 特定のドメインまたはワイルドカードを使用したアドレスを入力し、[追加] をクリックします。

  2. [送信者] でリストから、送信者アドレスを追加する方法として次のいずれかを選択します。
    • 所属する組織: 組織レベルのポリシーを設定する場合に選択します。

      注:

      このオプションは、サブアカウントの作成時に、サブアカウントとして [所属する組織] を指定した場合にのみ使用できます。詳細については、サブアカウントの追加と設定を参照してください。

    • 指定する:

      • ドメイン: 使用可能なドメインからドメインを選択し、[追加] をクリックします。

      • 自分のLDAPグループ: 使用可能なディレクトリグループからユーザグループを選択し、[追加] をクリックします。

      • 自分のアドレスグループ: 使用可能なアドレスグループからアドレスグループを選択し、[追加] をクリックします。

      • メールアドレスまたはドメインの入力: 特定のドメインまたはワイルドカードを使用したアドレスを入力し、[追加] をクリックします。

  3. [除外] で、送信者部分と受信者部分で構成された1つまたは複数の除外を指定します。
    1. [送信者] の横で、除外の送信者部分を指定する方法として次のいずれかを選択します。
      • 任意のアドレス

      • 所属する組織

      • ドメイン

      • 自分のLDAPグループ

      • 自分のアドレスグループ

      • メールアドレスまたはドメインの入力

    2. [受信者] の横で、除外の受信者部分を指定する方法として次のいずれかを選択します。
      • 任意のアドレス

      • 所属する組織

      • ドメイン

      • 自分のアドレスグループ

      • メールアドレスまたはドメインの入力

    3. [追加] をクリックし、送信者と受信者の両方の部分で構成された除外を追加します。

      追加した除外が除外リストに表示されます。

      たとえば、送信者部分に特定のメールアドレスを指定し、受信者部分に [任意のアドレス] を選択した場合、Trend Micro Email Securityはこの送信者から任意の受信者に送信されるメールメッセージを安全と見なし、ルールの適用を省略します。

    4. 必要に応じて、さらに除外を追加します。
    注:

    インポート、エクスポート機能は受信者、送信者、および除外リストで利用できます。グループ、アドレスまたはドメインをローカルファイルからインポートするには、[インポート] をクリックします。今後の使用のためグループ、アドレスまたはドメインをローカルファイルとしてエクスポートするには、[エクスポート] をクリックします。

    最大500件のレコードをインポートできます。エクスポートには上限はありません。

  4. 次の画面に進み、ルールの検索条件を指定します。