不達メール継続管理

注:

この機能は、Trend Micro Email Security Standardライセンスには含まれていません。日本ではTrend Micro Email Security Standardは提供されません。

各ライセンスバージョンの詳細については、使用可能なライセンスバージョンを参照してください。

Trend Micro Email Securityは、不達メール継続管理を実装することで、メールサーバの停止中でもメールをほぼ支障なく利用できる代替のメールシステムとなります。計画どおりまたは予定外にサーバが停止した場合、Trend Micro Email Securityには受信メールメッセージが10日間保持されます。10日以内にメールサーバがオンラインに戻れば、それらのメッセージはメールサーバに再送されます。

継続管理メールボックスは、メールサーバの停止に伴い、自動的に利用可能になります。メールメッセージの表示、転送、ダウンロード、および返信を行うことができ、メールサーバの停止中でも、管理者に問い合わせることなく継続してメールにアクセスできるようになります。

実際には、Trend Micro Email Securityが初期設定の送信ポリシーに基づいて、継続管理メールボックスから送信されるメールメッセージを検索します。

管理者はTrend Micro Email Securityの管理コンソールで不達メール継続管理レコードを設定および管理でき、エンドユーザはエンドユーザコンソールで継続管理メールボックスを使用してメールメッセージを管理できます。

該当地域のエンドユーザコンソールのWebアドレスをエンドユーザと共有します。