アドレスグループの管理

アドレスグループを作成すると、ポリシーの管理が容易になります。Trend Micro Email Security[アドレスグループ] 画面を使用して、アドレスグループを管理できます。

表 1. [アドレスグループ] 画面

タスク

手順

アドレスグループのクエリ

  1. アドレスグループ名、メールアドレス、またはドメイン名を指定します。

  2. [検索] をクリックします。

注:

[メール] でサポートされる形式は、name@example.com*@example.comname@*name@*.example.com、および*@*.example.comです。

たとえば、「name@*.example.com」を検索すると次の結果が返されます。

  • name@info.example.com

  • name@*.example.com

  • name@*.com

  • name@*

  • *@info.example.com

  • *@*.example.com

  • *@*.com

アドレスグループの追加

[追加] をクリックします。

  1. [基本情報] で、次の情報を指定します。

    • 名前: アドレスグループの名前。

    • 説明 (オプション): アドレスグループの説明。

    • 内部グループ (オプション): 管理対象ドメインに所属するドメインまたはメールアドレスのみを含むアドレスグループ。

      重要:

      送信ポリシーで送信者 (または除外する送信者) を指定するときや受信ポリシーで受信者 (または除外する受信者) を指定するときは、内部グループを使用する必要があります。

    • [メールアドレス] で、アドレスグループ内のメールアドレスを指定する方法として次のいずれかを選択します。

      • テキストボックスでメールアドレスを指定し、[追加] をクリックします。

        注:

        メールアドレスは一度に1つずつ追加できます。

        メールアドレスの有効な形式の詳細については、「アドレスグループの形式の例」の表を参照してください。

      • メールアドレスをインポートします。

        1. [インポート] をクリックします。

        2. [ファイルの場所] の横でCSVファイルを参照し、選択してインポートします。

          [サンプルファイルのダウンロード] をクリックすると、正しい形式のファイルのサンプルを表示できます。

          Trend Micro Email Securityは、選択されたファイル内のすべてのエントリを確認し、無効なメールアドレスや重複したメールアドレスを特定します。

        3. すべてのエントリが検証済みであることを確認したら、[インポート] をクリックします。

    • [送信] をクリックします。

アドレスグループの編集

[アドレスグループ] リストで、編集するグループの名前をクリックし、この表の「アドレスグループの追加」と同じ手順に従います。

注:

ハイブリッドアドレスグループにワイルドカードドメインのメンバーが1つ以上含まれている場合、そのグループを内部グループに変更することはできません。

アドレスグループの削除

[アドレスグループ] リストで、削除するグループを選択します。[削除] をクリックし、[OK] で確定します。

注:

いずれのポリシーでも参照されていないアドレスグループのみを削除できます。

次の表に、アドレスグループの形式の例を示します。

表 2. アドレスグループの形式の例

内部アドレスグループで有効

ハイブリッドアドレスグループで有効

name@example.com

name@info.example.com

name@example.com

name@info.example.com

*@example.com

*@info.example.com

*@example.com

*@info.example.com

name@*

name@*.example.com

*@*.example.com