受信メッセージフロー

Trend Micro Email Securityは、受信サーバに最終的に配信する前に受信メールのメッセージを検索します。

インターネットから「example.com」受信サーバまたはローカルMTA宛てのTrend Micro Email Securityを経由したメッセージングトラフィックの流れを次に示します。

評価は次の順序で行われます。

  1. 送信元のMTAは、「example.com」のMXレコードに対しDNSルックアップを実行し、「example.com」ドメインの場所を特定します。

    「example.com」のMXレコードは、「example.com」の受信サーバのIPアドレスではなく、Trend Micro Email SecurityのIPアドレスを指しています。

  2. 送信元のMTAがTrend Micro Email Securityにメッセージをルーティングします。

  3. Trend Micro Email Securityが、送信元のメールサーバからの接続を受け入れます。

  4. Trend Micro Email Securityが、MTA接続レベルで「接続ベースフィルタ」を実行して処理を決定します。実行される処理は次のいずれかです。

    • 接続を終了し、メッセージを拒否します。

    • メッセージを受信し、コンテンツベースのポリシーに基づいてフィルタします。

  5. Trend Micro Email Securityがメッセージの内容を調べて、不正プログラムやその他の脅威が含まれていないかどうかを判断します。

  6. ポリシーに照らして、配信されるべきメッセージであると判断した場合、Trend Micro Email Securityはメッセージを元の「example.com」の受信サーバにルーティングします。