エージェント移動ツールの実行

  1. Apex Oneサーバで<サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\IpXferに移動します。
  2. IpXfer.exe」をセキュリティエージェントエンドポイントにコピーします。セキュリティエージェントエンドポイントがx64タイプのプラットフォームで稼働している場合は、代わりに「IpXfer_x64.exe」をコピーします。
  3. セキュリティエージェントエンドポイント上でコマンドプロンプトを開いて、実行可能ファイルのコピー先フォルダに移動します。
  4. 次の構文を使用して、エージェント移動ツールを実行します。 <実行可能ファイル名> -s <サーバ名> -p <サーバ待機ポート> -c <エージェント待機ポート> -d <ドメインまたはドメイン階層> -e <証明書の場所およびファイル名> -pwd <エージェントのアンロードおよびアンロックの権限パスワード>
    表 1. エージェント移動ツールのパラメータ

    パラメータ

    説明

    <実行可能ファイル名>

    IpXfer.exeまたはIpXfer_x64.exe

    -s <サーバ名>

    セキュリティエージェントの移動先となるApex Oneサーバの名前。

    -p <サーバ待機ポート>

    移動先のApex Oneサーバの待機ポート (または信頼されたポート)。

    Webコンソールに待機ポートを表示するには、メインメニューで [管理] > [設定] > [エージェント接続] をクリックします。

    -sp <サーバのHTTPS待機ポート>

    移動先のApex OneサーバのHTTPS通信用待機ポート (または信頼されたポート)。

    -c <エージェント待機ポート>

    セキュリティエージェントエンドポイントがサーバとの通信に使用するポート番号。

    -d <ドメインまたはドメイン階層>

    エージェントをグループメンバーとして追加するエージェントツリーのドメインまたはサブドメイン。

    ドメイン階層にはサブドメインを指定する必要があります。

    -e <証明書の場所およびファイル名>

    移動処理時にセキュリティエージェントの新しい認証証明書をインポートします。

    このパラメータを使用しない場合、新しい管理サーバから現在の認証証明書が自動的に取得されます。

    注:

    初期設定では、証明書はApex Oneサーバ上の次の場所にあります。

    <サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Pccnt\Common\OfcNTCer.dat

    Apex One以外のソースから証明書を使用する場合は、DER (Distinguished Encoding Rules) 形式の証明書であることを確認してください。

    -pwd <エージェントのアンロードおよびアンロックの権限パスワード>

    [権限とその他の設定] で設定したアンロード/アンロック権限パスワード。

    注:

    アンロード/アンロックパスワードが必要な場合にパスワードを指定せずにエージェント移動ツールを実行すると、エージェントの移動前に指定するように求められます。

    -dbg

    接続のデバッグログを有効にします。

    例:

    • HTTP通信を使用するApex Oneサーバの場合:

      ipXfer.exe -s Server01 -p 8080 -c 21112 -d Workgroup -pwd unlock

      ipXfer_x64.exe -s Server02 -p 8080 -c 21112 -d Workgroup\Group01 -pwd unlock

    • HTTPS通信を使用するApex Oneサーバの場合:

      ipXfer.exe -s Server01 -sp 443 -p 8080 -c 21112 -d Workgroup -pwd unlock -dbg 1

  5. 別のサーバに対するセキュリティエージェントの現在のレポートを確認するには、次の処理を実行します。
    1. セキュリティエージェントエンドポイントで、タスクトレイにあるセキュリティエージェントプログラムのアイコンを右クリックします。
    2. [コンポーネントのバージョン] を選択します。
    3. [サーバ名/ポート] フィールドで、セキュリティエージェントのレポート先となるApex Oneサーバを確認します。
      注:

      新しいApex Oneサーバが管理するエージェントツリーにそのセキュリティエージェントが表示されない場合、新しいサーバのマスターサービス (ofservice.exe) を再起動します。