Internet Explorerの自動構成スクリプトがプロキシサーバへリダイレクトするように設定されている場合、エンドポイント上のクライアントを起動できない

クライアント起動コマンドがプロキシサーバへリダイレクトされるため、ウイルスバスター Corp.クライアントプラグインマネージャ (CNTAosMgr.exe) はエンドポイント上のクライアントを起動できません。この問題はプロキシ設定がユーザのHTTPトラフィックを127.0.0.1へリダイレクトするように設定されている場合にのみ発生します。

この問題を解決するには、適切に定義されたプロキシサーバポリシーを使用します。たとえば、HTTPトラフィックを127.0.0.1へ切り替えないでください。

HTTP要求を127.0.0.1へ制御するプロキシ設定を使用する必要がある場合は、次のタスクを実行します。

  1. ウイルスバスター Corp. Webコンソールでウイルスバスター Corp.ファイアウォールの設定を行います。
    注:

    この手順を実行するのは、ウイルスバスター Corp.クライアントウイルスバスター Corp.ファイアウォールが有効になっている場合のみです。

    1. Webコンソールで、[クライアント] > [ファイアウォール] > [ポリシー] に移動し、[除外テンプレートの編集] をクリックします。
    2. [除外テンプレートの編集] 画面で、[追加] をクリックします。
    3. 次の情報を使用します。
      • 名前: 希望する名前

      • 処理: ネットワークトラフィックを許可

      • 方向: 受信

      • プロトコル: TCP

      • ポート: 5000~49151のポート番号

    4. IPアドレス: [単一IPアドレス] を選択し、プロキシサーバのIPアドレスを指定します (推奨)。または、[すべてのIPアドレス] を選択します。
    5. [保存]をクリックします。
    6. [除外テンプレートの編集] 画面に戻り、[保存してすべての既存ポリシーに適用] をクリックします。
    7. [クライアント] > [ファイアウォール] > [プロファイル] に移動し、[クライアントにプロファイルを適用] をクリックします。

      ファイアウォールプロファイルがない場合は、[追加] をクリックして作成します。次の設定を使用します。

      • 名前: 希望する名前

      • 説明: 希望する説明

      • ポリシー: オールアクセスポリシー

      新しく作成したプロファイルを保存したら、[クライアントにプロファイルを適用] をクリックします。

  2. ofcscan.iniファイルを変更します。
    1. テキストエディタを使用して、<サーバインストールフォルダ>内のofcscan.iniファイルを開きます。
    2. [Global Setting] を含む行を検索して、その下の行に「FWPortNum=21212」を追加します。「21212」は、上記の手順cで指定したポート番号に変更してください。

      例:

      [Global Setting]

      FWPortNum=5000

    3. ファイルを保存します。
  3. Webコンソールで、[クライアント] > [グローバルクライアント設定] に移動し、[保存] をクリックします。