プラグインマネージャについて

ウイルスバスター Corp.には、既存のウイルスバスター Corp.環境に新しいソリューションを統合するプラグインマネージャというフレームワークが含まれています。これらのソリューションの管理を容易にするために、プラグインマネージャでは、ソリューションのデータがウィジェットに一覧表示されます。

注:

現時点では、いずれのプラグインソリューションもIPv6をサポートしていません。サーバはこれらのソリューションをダウンロードできますが、IPv6シングルスタックのウイルスバスター Corp.クライアントおよびIPv6シングルスタックホストに配信することはできません。

プラグインマネージャは次の機能を提供します。

  • 組み込みのウイルスバスター Corp.機能

    組み込みのウイルスバスター Corp.機能の中には、個別にライセンスされ、プラグインマネージャを通じてアクティベートされるものがあります。今回のリリースでは、「Trend Micro VDIオプション」と「ウイルスバスター Corp.情報漏えい対策オプション」の2つの機能がこのカテゴリに分類されます。

  • プラグインプログラム

    プラグインプログラムは、ウイルスバスター Corp.プログラムの一部ではありません。プラグインプログラムには個別のライセンスと管理コンソールがあります。管理コンソールには、ウイルスバスター Corp. Webコンソール内からアクセスします。プラグインプログラムの例として、Trend Micro ToolboxTrend Micro Security for Mac (以下、Trend Micro Security) があります。

  • ダッシュボードのタブとウィジェット

    ウイルスバスター Corp.ダッシュボード 画面にウイルスバスター Corp.サーバおよびクライアントの保護ステータスを監視するタブやウィジェットを表示するには、プラグインマネージャが必要です。

このドキュメントでは、プラグインプログラムのインストールと管理の全般的な概要とともに、ウィジェットで使用可能なプラグインプログラムのデータについて説明します。特定のプラグインプログラムの設定と管理の詳細については、プログラムのドキュメントを参照してください。