サーバのインストールとバージョンアップのデバッグログの有効化

次のタスクを実行する前に、デバッグログを有効にします。

  • サーバをアンインストールして、再度インストールする。

  • ウイルスバスター Corp.を最新バージョンにバージョンアップする。

  • リモートインストール/バージョンアップを実行する (デバッグログはセットアップを起動したコンピュータでのみ有効となり、リモートコンピュータには適用されません)。

  1. <サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Privateにある [LogServer] フォルダをC:\にコピーします。
  2. ofcdebug.iniという名前のファイルを作成し、次の内容を入力します。

    [debug]

    debuglevel=9

    debuglog=c:\LogServer\ofcdebug.log

    debugLevel_new=D

    debugSplitSize=10485760

    debugSplitPeriod=12

    debugRemoveAfterSplit=1

  3. ofcdebug.iniC:\LogServerに保存します。
  4. 適切なタスクを実行します (サーバのアンインストール/再インストール、新しいサーババージョンへのバージョンアップ、またはリモートでのインストール/バージョンアップ)。
  5. C:\LogServerofcdebug.logを確認します。