エッジリレーサーバの証明書の管理

ウイルスバスター Corp.には、クライアントがエッジリレーサーバとの通信に使用する証明書を作成または更新するためのコマンドラインツールが用意されています。新しい証明書を作成すると、エッジリレーサーバからウイルスバスター Corp.サーバに新しい証明書が送信され、クライアントがウイルスバスター Corp.サーバに次回接続したときにサーバからクライアントに証明書が配信されます。

重要:

オフプレミスのウイルスバスター Corp.クライアントは、ウイルスバスター Corp.サーバに接続してエッジリレーサーバの新しい証明書を取得する必要があります。アップデートされた証明書を取得していないオフプレミスクライアントは、ウイルスバスター Corp.サーバとの接続を確立するまではエッジリレーサーバと通信できなくなります。

  1. エッジリレーサーバで、コマンドラインエディタを開き、次のディレクトリに移動します。

    C:\Program Files\Trend Micro\OfficeScan Edge\OfcEdgeSvc\web\service

  2. 次のコマンドを入力して証明書ツールを実行します。

    OfcEdgeCfg.exe --renewcert -certpwd <パスワード>

    説明:

    • --renewcert:新しい証明書を作成します。

    • -certpwd <パスワード>: 証明書パッケージのパスワードを指定します。

    エッジリレーサーバで新しい証明書パッケージが作成され、自動的にウイルスバスター Corp.サーバに送信されます。ウイルスバスター Corp.クライアントからウイルスバスター Corp.サーバへの次回のレポート時に、ウイルスバスター Corp.サーバからウイルスバスター Corp.クライアントに新しい証明書が配信されます。