エッジリレーサーバのインストール

エッジリレーサーバをインストールする前に、対象のサーバコンピュータがシステムの最小要件を満たしていることを確認してください。

詳細については、エッジリレーサーバのシステム要件を参照してください。

重要:

エッジリレーサーバではIPv6通信はサポートされていません。エッジリレーサーバのインストール中に指定したエッジリレーサーバのFQDNのIPv4アドレスを、DNSサーバが解決できることを確認してください。

  1. ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータの <サーバインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\EdgeServerフォルダを選択し、対象のエッジリレーサーバコンピュータにフォルダをコピーします。
  2. 対象のエッジリレーサーバで、EdgeServerフォルダを開き、setup.exeファイルを実行してインストールプロセスを開始します。

    サーバに必要なコンポーネントが揃っているかがチェックされます。

  3. サーバに次のコンポーネントがない場合は、[インストール] をクリックし、エッジリレーサーバのインストール時にインストールされるようにします。
    • Microsoft .NET Framework 4.6.1

    • Microsoft Visual C++ 2012 Update 4再頒布可能パッケージ (x64)

    • Microsoft SQL Server System CLR Types 13.0.1601 (x64)

    • SQL Server Transact-SQL ScriptDom 13.0.1061 (x64)

    • Microsoft SQL Server Data-Tier Application Framework (x64)

    • Microsoft ODBC Driver 13 for SQL Server (x64)

    • Microsoft SQL Server 2012 Native Client 11.2.5058.0 (x64)

    [ようこそ] 画面が表示されます。

  4. [次へ] をクリックします。

    [インストールパス] 画面が表示されます。

  5. 初期設定のインストールディレクトリをそのまま使用するか、[変更] をクリックして別の場所を選択します。
  6. [次へ] をクリックします。

    [エッジリレーサーバとウイルスバスター Corp.クライアントの接続] 画面が表示されます。

  7. オフプレミスのウイルスバスター Corp.クライアントからエッジリレーサーバへの接続に使用する次の設定を指定します。
    • 完全修飾ドメイン名 (FQDN): エッジリレーサーバのFQDNを入力します。

    • IPアドレス: IPアドレスの形式を選択します。

      重要:

      エッジリレーサーバではIPv6通信はサポートされていません。エッジリレーサーバのインストール中に指定したエッジリレーサーバのFQDNのIPv4アドレスを、DNSサーバが解決できることを確認してください。

    • ポート: 初期設定のポートをそのまま使用するか別のポートを指定します。

      重要:

      ファイアウォールおよびゲートウェイの設定で以下を許可する必要があります。

      • インターネットからエッジリレーサーバへのウイルスバスター Corp.クライアント通信のリダイレクト

      • 指定したポート経由の通信

  8. [次へ] をクリックします。

    [エッジリレーサーバとウイルスバスター Corp.サーバの接続] 画面が表示されます。

  9. ウイルスバスター Corp.サーバからエッジリレーサーバへの接続に使用する次の設定を指定します。
    • IPアドレス: IPアドレスの形式を選択します。

      重要:

      エッジリレーサーバではIPv6通信はサポートされていません。エッジリレーサーバのインストール中に指定したエッジリレーサーバのFQDNのIPv4アドレスを、DNSサーバが解決できることを確認してください。

    • ポート: 初期設定のポートをそのまま使用するか別のポートを指定します。

      重要:
      • ウイルスバスター Corp.サーバ用のポートを、オフプレミスのウイルスバスター Corp.クライアント用に設定したポートと同じにすることはできません。

      • 指定したポート経由の通信がファイアウォールで許可されることを確認してください。

  10. [次へ] をクリックします。

    [SSL証明書] 画面が表示されます。

  11. エッジリレーサーバの証明書に使用するパスワードを入力し、確認のためにもう一度入力します。
  12. [次へ] をクリックします。

    [データベースサーバ] 画面が表示されます。

  13. エッジリレーサーバで使用するSQL Serverデータベースを指定します。
    • SQL Server 2016 SP1 Expressの新しいインスタンスをインストール

    • 既存のSQLデータベースサーバを使用: [参照] をクリックして、使用可能なサーバのリストから選択します。

  14. SQL Serverデータベースに接続するときに使用するパスワードを指定します。新しいSQL Server Expressデータベースをインストールする場合は、確認のためにもう一度パスワードを入力します。
  15. [次へ] をクリックします。

    [インストール情報] 画面が表示されます。

  16. [次へ >] をクリックしてインストールを開始します。

    インストールが完了すると、[InstallShield Wizardの完了] 画面が表示されます。

  17. [完了] をクリックします。

    エッジリレーサーバを使用する準備はこれで完了です。ウイルスバスター Corp.サーバをエッジリレーサーバに接続するように設定できます。

    詳細については、エッジリレーサーバへの接続を参照してください。