ファイアウォールプロファイル

ファイアウォールプロファイルを使用することにより、ポリシーを適用する前に単一クライアントまたはクライアントグループに設定しなければならない属性を選択できます。特定ドメインのプロファイルを作成、設定、または削除できるユーザの役割を作成できます。

ビルトインの管理者アカウントを使用しているユーザや完全な管理者権限を持つユーザは、[クライアントのセキュリティレベル/除外リストを上書き] オプションを有効にして、ウイルスバスター Corp.クライアントのプロファイル設定をサーバ設定で置き換えることもできます。

プロファイルには、次のものが含まれます。

  • 関連ポリシー: それぞれのプロファイルは1つのポリシーを使用します。

  • クライアント属性: 以下の属性を持つウイルスバスター Corp.クライアントは関連ポリシーを適用します。

    • IPアドレス: 特定のIPアドレス、一定の範囲のIPアドレスに該当するIPアドレス、または指定されたサブネットに属するIPアドレスを持つウイルスバスター Corp.クライアント

    • ドメイン: 特定のウイルスバスター Corp.ドメインに属するウイルスバスター Corp.クライアント

    • エンドポイント: 特定のエンドポイント名を持つウイルスバスター Corp.クライアント

    • プラットフォーム: 特定のプラットフォームを実行しているウイルスバスター Corp.クライアント

    • ログオン名: 指定されたユーザがログオンしたウイルスバスター Corp.クライアントエンドポイント

    • NICの説明: NICの説明に一致するウイルスバスター Corp.クライアントエンドポイント

    • クライアントの位置: ウイルスバスター Corp.クライアントがオンラインかオフラインかを示します。

      注:

      ウイルスバスター Corp.サーバまたは参照サーバのいずれかに接続できる場合、ウイルスバスター Corp.クライアントはオンラインで、どのサーバにも接続できない場合はオフラインです。

ウイルスバスター Corp.には、「オールアクセスポリシー」を使用する「オールクライアントプロファイル」という初期設定のプロファイルが用意されています。この初期設定のプロファイルを変更または削除できます。また、新しいプロファイルを作成することもできます。各プロファイルおよび現在のプロファイルステータスに関連付けられたポリシーを含めて、初期設定およびユーザが作成したファイアウォールプロファイルは、Webコンソールのファイアウォールプロファイルリストにすべて表示されます。プロファイルリストを管理し、すべてのプロファイルをウイルスバスター Corp.クライアントに配信します。ウイルスバスター Corp.クライアントは、クライアントエンドポイントのすべてのファイアウォールプロファイルを保存します。