選択したエンドポイントでのウイルスバスター Corp.ファイアウォールの有効化/無効化

Webコンソールで、次のいずれかの方法を使用してファイアウォールを有効または無効にします。

方法

手順

新しいポリシーを作成し、ウイルスバスター Corp.クライアントに適用します。

  1. ファイアウォールを有効/無効にする新しいポリシーを作成します。

    新しいポリシーを作成する手順については、ファイアウォールポリシーの追加を参照してください。

  2. ウイルスバスター Corp.クライアントにポリシーを適用します。

Webコンソールからファイアウォールサービスを有効/無効にします。

詳細な手順については、ウイルスバスター Corp.クライアントサービスを参照してください。

注:

ファイアウォールサービスを無効にすると、選択したクライアントのすべてのファイアウォールポリシーが自動的に無効になります。

選択したエンドポイントに対し、次のいずれかの方法を使用してファイアウォールを有効または無効にします。

方法

手順

ファイアウォールドライバを有効/無効にします。

  1. [Windowsネットワーク接続のプロパティ] を開きます。

  2. ネットワークカードの [Trend Micro Common Firewall Driver] チェックボックスをオン/オフにします。

ファイアウォールサービスを有効/無効にします。

  1. コマンドプロンプトを開き、「services.msc」と入力します。

  2. Microsoft管理コンソール (MMC) の [OfficeScan NT Firewall] を開始または停止します。