ファイル属性

ファイル属性はファイル独自のプロパティです。データ識別子を定義するときに、ファイルタイプとファイルサイズという2つのファイル属性を使用できます。たとえば、ソフトウェア開発会社では、会社のソフトウェアインストーラの共有を、ソフトウェアの開発とテストを担当している開発部門に制限しなければならない場合があります。この場合は、ウイルスバスター Corp.管理者はポリシーを作成して、サイズが10~40MBの実行可能ファイルが開発以外の部門に転送されるのをブロックできます。

ファイル属性自体は、機密ファイルの識別子に適しているとは言えません。このトピックの例では、他の部門で共有されているサードパーティ製ソフトウェアがブロックされる可能性があります。そのため、ファイル属性と他の情報漏えい対策データ識別子を組み合わせて、機密ファイルの検出対象を絞り込むことをお勧めします。

サポートされるファイルタイプの全リストについては、こちらを参照してください。