カスタマイズしたパターンの作成

  1. [クライアント] > [情報漏えい対策] > [データ識別子] に移動します。
  2. [パターン] タブをクリックします。
  3. [追加] をクリックします。

    新しい画面が表示されます。

  4. パターンの名前を入力します。名前は、100バイト以下の長さにする必要があり、次の文字を含めることができません。
    • > < * ^ | & ? \ /

  5. 長さが256バイトを超えない説明を入力してください。
  6. 表示するデータを入力します。

    たとえば、ID番号に関するパターンを作成する場合は、サンプルID番号を入力します。このデータは、参照目的にのみ使用し、製品内の他の場所には表示されません。

  7. 次の条件のいずれかを選択して、その条件に合わせて追加の設定値を指定します (カスタマイズしたパターンの条件を参照)。
    • なし

    • 特定の文字

    • サフィックス

    • 単一のセパレータ文字

  8. 実際のデータでパターンをテストします。

    [テストデータ] テキストボックスに有効な値を入力して [テスト] をクリックし、結果を確認します。

  9. 目的の結果であれば、[保存] をクリックします。
    注:

    テストが成功した場合にのみ設定を保存します。データを検出できないパターンは、システムリソースを浪費し、性能に影響を与える可能性があります。

  10. 設定をクライアントに配信するよう指示するメッセージが表示されます。[閉じる] をクリックします。
  11. 情報漏えい対策データ識別子 画面に戻って、[すべてのクライアントに適用] をクリックします。