SMBプロトコル

ウイルスバスター Corp.は、共有ファイルアクセスを実現するサーバメッセージブロック (SMB) プロトコル経由のデータ転送を監視します。あるユーザの共有ファイルを他のユーザがコピーまたは読み取ろうとすると、ウイルスバスター Corp.によって、そのファイルがデータ識別子であるか、またはデータ識別子を含んでいるかが確認され、次にその操作が許可またはブロックされます。

注:

デバイスコントロール処理は情報漏えい対策処理よりも優先されます。たとえば、マップされたネットワークドライブでのファイルの移動がデバイスコントロールで許可されない場合は、情報漏えい対策で許可されても機密データの転送は開始されません。

デバイスコントロール処理の詳細については、ストレージデバイスに対する権限を参照してください。

ウイルスバスター Corp.が共有ファイルアクセスを監視するアプリケーションの一覧については、次のWebサイトを参照してください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1312344.aspx