メールクライアント

情報漏えい対策では、さまざまなメールクライアント経由で送信されるメールを監視します。また、データ識別子について、メールの件名、本文、および添付ファイルをチェックします。サポートしているメールクライアントの一覧については、次のWebサイトを参照してください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1312344.aspx

監視は、ユーザがメールを送信しようとしたときに実行されます。メールにデータ識別子が含まれている場合は、情報漏えい対策によってそのメールが許可またはブロックされます。

監視対象外の内部メールドメインおよび監視対象のメールサブドメインを定義できます。

  • 対象外のメールドメイン: 監視対象外ドメインに送信されるメールの転送は、ただちに許可されます。

    注:

    対象外のメールドメインへのデータ転送と、処理が「監視」に指定された監視対象のメールサブドメインへのデータ転送は、転送が許可される点で似ています。唯一の違いは、情報漏えい対策が対象外のメールドメインについて転送ログを記録しない点です。監視対象のメールサブドメインの場合、転送は常にログに記録されます。

  • 監視対象のメールサブドメイン: 情報漏えい対策は、監視対象サブドメインへのメール転送を検出すると、ポリシーの処理をチェックします。この処理に応じて、転送が許可またはブロックされます。

    注:

    監視対象チャネルにメールクライアントを選択した場合、監視するメールはポリシーと一致する必要があります。一方、監視対象のメールサブドメインに送信されるメールは、ポリシーに一致しなくても自動的に監視されます。

ドメインは次の任意の形式を使用して指定します。複数のドメインはカンマで区切って入力してください。

  • X400形式。例: /O=Trend/OU=USA、/O=Trend/OU=China

  • メールドメイン。例: example.com

SMTPプロトコルで送信されるメールメッセージの場合、送信先のSMTPサーバが次のリストに存在するかどうかがチェックされます。

  1. 監視対象

  2. 監視対象外

    注:

    監視対象および監視対象外の詳細については、監視対象外および監視対象の定義を参照してください。

  3. 対象外のメールドメイン

  4. 監視対象のメールサブドメイン

これは、メールが監視対象のリストに含まれているSMTPサーバに送信される場合、そのメールが監視されることを意味します。SMTPサーバが監視対象のリストに含まれていない場合は、他のリストが確認されます。

他のプロトコルで送信されるメールの場合、次のリストのみが確認されます。

  1. 対象外のメールドメイン

  2. 監視対象のメールサブドメイン