管理者向けの情報漏えい対策通知の設定

  1. [管理] > [通知] > [管理者] に移動します。
  2. [条件] タブで次の操作を実行します。
    1. [デジタル資産の転送] セクションに移動します。
    2. デジタル資産の転送が検出されたときに通知を送信するか (処理はブロックと許可のいずれか)、転送がブロックされた場合にのみ通知を送信するかを指定します。
  3. [メール] タブで次の操作を実行します。
    1. [デジタル資産の転送] セクションに移動します。
    2. [メールによる通知を有効にする] を選択します。
    3. [クライアントツリーのドメイン権限を持つユーザに通知を送信する] を選択します。

      役割ベースの管理を使用して、クライアントツリーのドメイン権限をユーザに付与します。特定のドメインに属するクライアントで転送が検出されると、ドメイン権限を持つユーザのメールアドレスにメールが送信されます。次の表の例を参照してください。

      表 1. クライアントツリードメインと権限

      クライアントツリードメイン

      ドメイン権限を持つ役割

      役割を持つユーザアカウント

      ユーザアカウントのメールアドレス

      ドメインA

      管理者 (ビルトイン)

      root

      mary@xyz.com

      Role_01

      admin_john

      john@xyz.com

      admin_chris

      chris@xyz.com

      ドメインB

      管理者 (ビルトイン)

      root

      mary@xyz.com

      Role_02

      admin_jane

      jane@xyz.com

      ドメインAに属しているウイルスバスター Corp.クライアントがデジタル資産の転送を検出すると、mary@xyz.com、john@xyz.com、およびchris@xyz.comにメールが送信されます。

      ドメインBに属しているウイルスバスター Corp.クライアントが転送を検出すると、mary@xyz.comとjane@xyz.comにメールが送信されます。

      注:

      このオプションを有効にする場合は、ドメイン権限を持つすべてのユーザが、対応するメールアドレスを持っている必要があります。メールアドレスを持たないユーザにはメール通知は送信されません。ユーザとメールアドレスは、[管理] > [アカウント管理] > [ユーザアカウント] で設定します。

    4. [次のメールアドレスに通知メッセージを送信する] を選択し、メールアドレスを入力します。
    5. 初期設定の件名とメッセージをそのまま使用するか変更します。[件名] および [メッセージ] では、トークン変数を使用してデータを表現できます。
      表 2. 情報漏えい対策通知のトークン変数

      変数

      説明

      %USER%

      転送が検出されたときにエンドポイントにログオンしていたユーザ

      %COMPUTER%

      転送が検出されたエンドポイント

      %DOMAIN%

      エンドポイントのドメイン

      %DATETIME%

      転送が検出された日時

      %CHANNEL%

      転送が検出されたチャネル

      %TEMPLATE%

      検出を実行したデジタル資産のテンプレート

      %RULE%

      検出を実行したルール名

      注: メッセージにルール名を表示するには、この変数を [メッセージ] に追加します。
  4. [SNMPトラップ] タブで次の操作を実行します。
    1. [デジタル資産の転送] セクションに移動します。
    2. [SNMP トラップによる通知を有効にする] を選択します。
    3. 初期設定のメッセージをそのまま使用するか変更します。[メッセージ] では、トークン変数を使用してデータを表現できます。詳細については、表 2を参照してください。
  5. [Windowsイベントログ] タブで次の操作を実行します。
    1. [デジタル資産の転送] セクションに移動します。
    2. [Windowsイベントログによる通知を有効にする] を選択します。
    3. 初期設定のメッセージをそのまま使用するか変更します。[メッセージ] では、トークン変数を使用してデータを表現できます。詳細については、表 2を参照してください。
  6. [保存]をクリックします。