情報漏えい対策ポリシーの作成

  1. [クライアント] > [クライアント管理] に移動します。
  2. クライアントツリーで、ルートドメインアイコン () をクリックしてすべてのクライアントを含めるか、特定のドメインまたはクライアントを選択します。
  3. [設定] > [情報漏えい対策設定] の順にクリックします。
  4. [外部クライアント] タブをクリックして外部クライアントのポリシーを設定するか、[内部クライアント] タブをクリックして内部クライアントのポリシーを設定します。
    注:

    クライアントの位置を設定していない場合は設定します。クライアントは、これらの位置設定を使用して、適用される正しい情報漏えい対策ポリシーを判断します。詳細については、エンドポイント (コンピュータ)の位置を参照してください。

  5. [情報漏えい対策を有効にする] を選択します。
  6. 次のいずれかを選択します。
    • [外部クライアント] タブで [内部クライアントにすべての設定を適用する] を選択すると、情報漏えい対策のすべての設定を内部クライアントに適用できます。

    • [内部クライアント] タブで [外部クライアントにすべての設定を適用する] を選択すると、情報漏えい対策のすべての設定を外部クライアントに適用できます。

  7. [ルール] タブで [追加] をクリックします。

    ポリシーに含めることのできるルールは最大40個です。

  8. ルールの設定を行います。

    情報漏えい対策ルール作成の詳細については、情報漏えい対策ルールの作成を参照してください。

  9. [除外] タブをクリックし、必要な除外設定を行います。

    利用可能な除外設定の詳細については、情報漏えい対策の除外を参照してください。

  10. クライアントツリーでドメインまたはクライアントを選択した場合は、[保存] をクリックします。ルートドメインアイコンをクリックした場合は、次のオプションのいずれかを選択します。
    • すべてのクライアントに適用: すべての既存のクライアント、および既存または今後追加されるドメインに加えられる新しいクライアントに、設定を適用します。今後追加されるドメインとは、設定を指定した時点でまだ作成されていないドメインのことです。

    • 今後追加されるドメインにのみ適用: 今後追加されるドメインに加えられるクライアントにのみ設定を適用します。このオプションでは、既存のドメインに加えられる新しいクライアントには設定を適用しません。