監視対象外および監視対象の定義

[チャネル] タブで設定された転送範囲に基づいて監視対象外および監視対象を定義します。[すべての転送] での監視対象外および監視対象の定義方法の詳細については、転送の範囲: すべての転送を参照してください。[ローカルエリアネットワークの外部への転送のみ] での監視対象外および監視対象の定義方法の詳細については、転送の範囲: ローカルエリアネットワークの外部への転送のみを参照してください。

監視対象および監視対象外を定義する際は、次のガイドラインに従ってください。

  1. 次の定義方法があります。

    • IPアドレス

    • ホスト名

    • FQDN

    • ネットワークアドレスとサブネットマスク (例: 10.1.1.1/32)

    注:

    サブネットマスクの場合、情報漏えい対策ではCIDR (Classless Inter-Domain Routing) タイプのポートのみサポートされます。これは、255.255.255.0の代わりに、32のような数字のみ入力できることを意味します。

  2. 特定のチャネルを送信先に指定する場合は、対象チャネルの初期設定のポート番号、または会社で定義されたポート番号を含めます。たとえば、ポート21は一般にFTPトラフィック用、ポート80はHTTP用、およびポート443はHTTPS用です。送信先とポート番号はコロンで区切ってください。

  3. ポートの範囲を含めることもできます。すべてのポートを含めるには、ポート範囲は無視してください。

    送信先のポート番号とポート範囲の例を次に示します。

    • 10.1.1.1:80

    • host:5-20

    • host.domain.com:20

    • 10.1.1.1/32:20

  4. 複数指定する場合はカンマで区切ります。