情報漏えい対策の処理

情報漏えい対策は、データ識別子の転送を検出すると、該当する情報漏えい対策ポリシーをチェックして、ポリシーに設定された処理を実行します。

次の表は、情報漏えい対策の処理をリストしたものです。

表 1. 情報漏えい対策の処理

処理

説明

処理

放置

転送を許可し、ログに記録します。

ブロック

転送をブロックし、ログに記録します。

追加処理

クライアントユーザに通知する

データの転送と、データがブロックされたかどうかを知らせる通知メッセージを表示します。

データを記録する

1次処理に関係なく、機密情報を<クライアントインストールフォルダ>\DLPLite\Forensicに記録します。情報漏えい対策によってフラグが付けられた機密情報を評価する場合にこの処理を選択します。

記録される機密情報は、ハードディスク容量を大量に消費する可能性があります。そのため、このオプションは機密性の高い情報に対してのみ有効にすることをお勧めします。

理由申請

注:

このオプションは、[ブロック] 処理を選択した場合にのみ使用できます。

「ブロック」処理を実行する前にユーザに確認メッセージを表示します。ユーザは、機密データを転送する理由を申請して「ブロック」処理を無効にできます。次のいずれかの理由を選択できます。

  • この操作は確立された業務プロセスの一部です。

  • このデータ転送は管理者から承認されています。

  • このファイルには機密データは含まれません。

  • その他: テキストフィールドに任意の理由を入力します。