スマートスキャンエージェントパターンファイル

スマートスキャンエージェントパターンファイルは毎日アップデートされ、ウイルスバスター Corp. クライアントのアップデート元 (ウイルスバスター Corp.サーバまたはユーザ指定のアップデート元) によってダウンロードされます。その後、アップデート元からスマートスキャンクライアントにパターンが配信されます。

注:

スマートスキャンクライアントは、ファイルレピュテーションサービスを使用するよう管理者によって設定されているウイルスバスター Corp.クライアントです。ファイルレピュテーションサービスを使用しないクライアントは、「従来型スキャンクライアント」と呼ばれます。

スマートスキャンクライアントでは、セキュリティリスクの検索時にスマートスキャンエージェントパターンファイルが使用されます。このパターンでファイルのリスクを判定できない場合は、スマートスキャンパターンファイルと呼ばれる別のパターンが使用されます。