ファイルレピュテーションサービス

ファイルレピュテーションサービスは、インターネットクラウドに格納されている膨大なデータベースを照会して対象ファイルのレピュテーション (評価) を確認します。不正プログラム情報はクラウドに格納されているので、すべてのユーザがそれを使用できます。パフォーマンスに優れたコンテンツ配信ネットワークとローカルのキャッシュサーバによって、確認プロセスで発生する待ち時間は最小限に抑えられます。クラウド-クライアント型のアーキテクチャは、より迅速な保護を実現し、パターンファイル配信の負荷を解消することに加えて、クライアントの全般的なフットプリントを大幅に削減します。

ファイルレピュテーションサービスを使用するには、クライアントをスマートスキャンモードにする必要があります。このドキュメントでは、これらのクライアントをスマートスキャンクライアントと呼びます。スマートスキャンモードでない、ファイルレピュテーションサービスを使用しないクライアントは従来型スキャンクライアントと呼びます。ウイルスバスター Corp.管理者は、すべてまたは一部のクライアントをスマートスキャンモードに設定できます。