新たに検出されたプログラム対策

挙動監視はWebレピュテーションサービスおよびリアルタイム検索と連携して機能し、Webチャネル、メールアプリケーション、またはMicrosoft Officeマクロスクリプト経由でダウンロードされたファイルの普及度を確認します。「新たに検出された」ファイルが検出された後に、管理者は、ユーザがファイルを実行する前にユーザに確認を求めるように設定することができます。トレンドマイクロでは、ファイルの検出数、またはSmart Protection Networkにより特定されたファイルの存続期間に基づいて、新たに検出されたプログラムを分類します。

挙動監視は各チャネルで次のファイルタイプを検索します。

  • Web (HTTP/HTTPS): .exeファイルを検索します。

  • メールアプリケーション: .exeファイル、および暗号化されていない.zipファイルや.rarファイルに含まれる圧縮された.exeファイルを検索します。

注:
  • このプロンプトが表示される前にウイルスバスター Corp.クライアントでHTTP/HTTPSトラフィックを検索できるようにするためには、管理者はクライアントのWebレピュテーションサービスを有効にする必要があります。

  • ウイルスバスター Corp.クライアントは、処理実行中にメールアプリケーションを介してダウンロードされたファイル名を一致させます。ファイル名が変更されると、ユーザにプロンプトは表示されません。