スパイウェア/グレーウェアの検出時の処理

実行される検出時の処理は、スパイウェア/グレーウェアを検出した検索の種類によって異なります。ウイルス/不正プログラムの種類ごとに特定の処理を設定できますが、すべての種類のスパイウェア/グレーウェアに対して1つの処理のみを設定することもできます。たとえば、手動検索 (検索の種類) によっていずれかのスパイウェア/グレーウェアが検出された場合は、影響を受けたシステムリソースが駆除 (処理) されます。

各種のスパイウェア/グレーウェアについては、スパイウェアとグレーウェアを参照してください。

注:

スパイウェア/グレーウェアの検出時の処理は、Webコンソールでのみ設定可能です。ウイルスバスター Corp.クライアントコンソールからはこれらの設定にアクセスできません。

ウイルスバスター Corp.がスパイウェア/グレーウェアに対して実行可能な処理は次のとおりです。

表 1. スパイウェア/グレーウェアの検出時の処理

処理

説明

駆除

プロセスを終了するか、レジストリ、ファイル、Cookie、およびショートカットを削除します。

スパイウェア/グレーウェアを駆除した後、ウイルスバスター Corp.クライアントでスパイウェア/グレーウェアのデータをバックアップし、スパイウェア/グレーウェアに安全にアクセスできると考えられる場合、復元することができます。

詳細については、スパイウェア/グレーウェアの復元を参照してください。

放置

検出されたスパイウェア/グレーウェアコンポーネントには処理は実行されません。ただし、スパイウェア/グレーウェア検出のログが記録されます。この処理は、手動検索、予約検索、およびScanNowの場合にのみ実行可能です。リアルタイム検索のときには、処理が「アクセス拒否」になります。

検出されたスパイウェア/グレーウェアが承認済みリストに含まれている場合、いずれの処理も実行されません。

詳細については、スパイウェア/グレーウェアの承認済みリストを参照してください。

アクセス拒否

検出されたスパイウェア/グレーウェアコンポーネントへのアクセス (コピー、開く) を拒否します。この処理は、リアルタイム検索の場合にのみ実行可能です。手動検索、予約検索、およびScanNowの場合は、処理が「放置(ログのみ)」になります。