暗号化ファイルの復元

ウイルスバスター Corp.では、感染ファイルが開かれないように、次の時点でファイルを暗号化します。

  • ファイルを隔離する前

  • ファイルのウイルス駆除実行前のバックアップ時

ウイルスバスター Corp.には、ファイルから情報を取得する必要がある場合に、ファイルを復号して復元するツールが用意されています。ウイルスバスター Corp.では、次のファイルの復号および復元が可能です。

表 1. ウイルスバスター Corp.が復号および復元可能なファイル

ファイル

説明

クライアントエンドポイント上の隔離されたファイル

このファイルは、<クライアントインストールフォルダ>\SUSPECT\Backupフォルダにあり、7日後に自動的に削除されます。また、ウイルスバスター Corp.サーバの指定された隔離ディレクトリにアップロードされます。

指定された隔離ディレクトリの隔離ファイル

初期設定では、この隔離ディレクトリは、ウイルスバスター Corp.サーバコンピュータに配置されます。

詳細については、隔離ディレクトリを参照してください。

バックアップされた暗号化ファイル

ウイルスバスター Corp.で駆除可能な感染ファイルのバックアップです。このファイルは、<クライアントインストールフォルダ>\Backupフォルダにあります。ユーザがこのファイルを復元する場合、<クライアントインストールフォルダ>\SUSPECT\Backupフォルダに移動する必要があります。

ウイルスバスター Corp.では、[クライアント] > [クライアント管理][設定] > [検索設定] > {検索の種類} > [処理] タブで [ウイルス駆除実行前にバックアップを作成] を選択した場合にのみ、駆除前にバックアップと暗号化が実行されます。

警告:

感染ファイルを復元すると、ウイルス/不正プログラムが他のファイルやコンピュータに感染を拡大させる可能性があります。ファイルを復元する前に、感染したエンドポイントを隔離して、そのエンドポイントにある重要なファイルをバックアップの場所に移動してください。