検索除外リスト (ディレクトリ) のサポート対象のシステム変数

Windowsの一般的なシステム変数を使用して、ディレクトリの検索除外リストを設定できます。次の表は、ウイルスバスター Corp.でサポートされる変数を示しています。

システム変数

説明

%ALLUSERSPROFILE%

%PROFILESFOLDER%\Publicフォルダまたは%PROFILESFOLDER%\all usersフォルダを参照します。

例を以下に示します。

  • Windows 7における%ALLUSERSPROFILE%の初期設定の場所:

    C:\ProgramData

  • Windows XPにおける%ALLUSERSPROFILE%の初期設定の場所:

    C:\Documents and Settings\All Users

%COMMONPROGRAMFILES%

複数のアプリケーションで共有されるコンポーネントを含むフォルダを参照します。

標準のパスはC:\Program Files\Commonです。

注:

Windows NT、Windows 2000、Windows XPを実行しているエンドポイントでのみ有効です。

%COMMONPROGRAMFILES(X86)%

64ビットシステム上のC:\Program Files (x86)\Common Filesフォルダを参照します。

%PROGRAMFILES%

Program Filesフォルダ

標準のパスはC:\Program Filesです。

%PROGRAMFILES(X86)%

64ビットシステム上のC:\Program Files (x86)フォルダを参照します。

%SYSTEMROOT%

システムドライブのルートを参照します。

標準のパスはC:\Windowsです。

%WINDIR%

システムドライブにあるWindowsフォルダを参照します。

標準のパスはC:\Windowsです。