セキュリティリスクのアウトブレークの基準と通知

大規模感染が発生するたびに、ウイルスバスター Corp.管理者に通知メッセージを送信するようウイルスバスター Corp.を設定します。

表 1. セキュリティリスクのアウトブレーク通知の種類

種類

参照

  • ウイルス/不正プログラムのアウトブレーク

  • スパイウェア/グレーウェアのアウトブレーク

  • 共有フォルダセッションアウトブレーク

セキュリティリスクのアウトブレークの基準と通知の設定

ファイアウォール違反アウトブレーク

ファイアウォール違反アウトブレークの基準と通知の設定

C&Cコールバックアウトブレーク

C&Cコールバックのアウトブレークの基準と通知の設定

大規模感染を検出数と検出期間によって定義します。ウイルスバスター Corp.は、検出期間内に検出数が設定値を超えると、アウトブレークアラートを実行します。

ウイルスバスター Corp.には、ウイルスバスター Corp.管理者に大規模感染について通知する初期設定のメッセージが用意されています。これらの通知は、必要に応じて変更したり、追加の通知を設定できます。

注:

ウイルスバスター Corp.は、メール、SNMPトラップ、およびWindows NTイベントログ経由で、セキュリティリスクの大規模感染の通知を送信できます。共有フォルダセッションの大規模感染の場合、ウイルスバスター Corp.はメールで通知を送信します。ウイルスバスター Corp.からこれらのチャネル経由で通知を送信するタイミングを設定します。

詳細については、管理者通知設定を参照してください。